すべての目次・サンプル動画はこちら

 

もう高価なシステムや他人任せのシステムは必要ありません。

こういったシステムが、あなたにも組めます。必要なものはエクセルだけ。

めちゃくちゃ詳しく、ゼロから動画で一緒に作るのでご心配なく。大丈夫です。

 

 


DVDより抜粋。製品版はもっと高画質・大画面・高音質です。

 

 

100時間収録動画 投資講座

 

  • 何万円もするトレードシステムを買ったけれど、全く勝てない…
  • 裁量トレーダーを卒業して、システムトレーダーになりたいが、どうしたらいいかわからない…
  • 人の作ったシステムではなく、自分でシステムを作ったり検証したりしたいが、どうすればいいかわからない…
  • 投資を始めたいけれど、何から始めればいいのかさっぱりわからない…
  • 投資の勉強をしたいけれど、本で勉強するのは面倒。できれば動画で学びたい…
  • Excelでトレードシステムを作りたいがさっぱり作り方がわからない…
  • 市販のトレードシステムは高すぎるし信頼できないので自分でシステムを作りたいがさっぱり作り方がわからない…
  • ローソク足、テクニカル分析、会社四季報、システムトレーディングなど、幅広い知識を見につけたい…
  • FX、日本株、先物など、どんな相場にも対応できる本物の知識を身につけたい…
  • 市販の投資本が難しすぎてさっぱり読めない…
  • プログラミングがまったくできないので、トレードシステムを作れない…
  • 簡単な分析などでExcelを使うことが多いが、いまいち使い方がよくわからない…

あなたがこのような悩みをお持ちでしたら、この手紙を読み進めてください。

きっとお役に立てることと思います。

 

 

 

  • 数万円もする高価なトレードシステムだから、絶対に勝てるに違いない
  • 売れているトレードシステムは、きっとすばらしいから売れているのだ
  • 投資の基礎を全くしらなくても、システムさえ良ければ勝てる
  • システムトレードなんて不要。裁量がいちばんいい投資法だ
  • 自分でシステムを作れなくても、他人の作ったシステムがあれば成功できる

これらは、世の中の間違った情報や常識から、一般的な負けている投資家の多くが

陥っている、間違った常識です。

 

 

投資家が悪いのではありません。間違いを広めた書籍や情報が悪いのです。

 

 

 

 

 

その原因は二つあります。

1、投資の基本的なことをまったく勉強していないから

2、システムトレードでなく、裁量トレードに頼っているから

です。

まず1ですが、投資の基本をまったく知らずに、投資を始めてしまうトレーダーがやまほどいます。

ローソク足や、グランビルの法則、ヘッドアンドショルダーなどといったテクニカル分析や、

ファンダメンタルズ分析など、投資の基本的なことをまったく知らなければ、当然ながら勝ことはできません。

 

2番目に、裁量トレードに頼っていることがあげられるでしょう。

システムトレードの優位性はすでにあらゆる場において立証されているので、いまさら裁量トレーディングで戦っているのでは勝ち目はありません。

 

ですがこの手紙をお読みになっている方には、

1、投資の基本も勉強し、

2、裁量をやめてシステムトレードをされている方もいらっしゃるでしょう。

 

だけど、それでも勝てない…

 

 

 

 

 

 

では、

この理由も二つです。

おそらく、システムトレーダーの大半は、

誰かの作ったシステムを購入して、トレードをしていると思います。

勝てない理由は、

1、購入したシステム自体が使えないものであるか、

2、自分でシステムが作れず、他人の作ったシステムに頼っているから

です。

1の場合、悲惨です。そもそも勝つことができないのに、

使えるシステムかどうかを自分で判断することができないために使い続け、

結果全財産を失って相場を撤退するケースです。

2は、トレードシステムを購入しても勝てない理由を端的に示しています。

つまり、自分でシステムを作ることができなければ、勝つことなんてできないのです。

 

 

 

 

勝率95%のトレードシステムなんてものは存在しません。

あなたは洗脳されているのです。

 

 

ラリー・ウィリアムズというのは、アメリカの有名な短期投資家です。

一年間で1万ドルを100万ドルにした記録も持っています。

彼はシステムトレーダーとしても有名ですが、

ラリー・ウィリアムズが、たとえばインフォカートのランキングで上位にある「勝率95%、10年間負けなし!」と謳っているトレードシステムを買うでしょうか?

そしてそれを使ってトレードをするでしょうか?

よく考えてみてください。

 

ラリー・ウィリアムズは、他人のシステムを買ってトレードを行うことなどありません。

彼は、自分でシステムを組みます。たいていエクセルです。

たまに他人にシステムを作ってもらうこともあるそうですが、それはしっかり自分でシステムを組むことができて、どうしてもプログラミングが難しい部分を任せるだけです。

 

 

 

 

システム作成どころか、投資手法まで人任せになんて絶対にしません。

 

あなたが高価なトレードシステムを買っても勝てない理由は、

ラリー・ウィリアムズを見ればわかるでしょう。

 

そもそも、こういった条件になったら買いを入れて、ドローダウンはこの程度でストップを入れる。この条件で売りを入れて、という仕組みに沿ってシステムは作られますが、

 

他人の作ったシステムを買うことは、この仕組みを人任せにしているわけです。

 

自分でまず、こういった条件であればこの程度の数字が出る、といった投資テクニックを持っているべきです。

それがまず前提にあり、さらにそれを自分でシステムに組み込んでいくことができなければ、システムトレードなんてやる意味がまったくありません。

 

 

システムトレードで勝つには、真のシステムトレーダーになるには、

次の2つをよく覚えて置いてください。

 

1、理論編。投資の基本的なことをしっかりと学ぶ

トレードシステムの基本は、しっかりした投資知識にあります。必要な知識は特に、テクニカルな部分です。

どれだけすばらしいプログラマーであっても、投資のことをまったく知らなければよいシステムを作ることはできません。

ですので、投資の知識をしっかりと学んでください。このDVDでは、数十時間にわたってテクニカル分析について詳しく解説をします。

古今東西の、ありとあらゆる投資理論について解説をしています。

 

 

 

 

 

2、システム編。プログラミングについて学ぶ

高価なシステムは不要です。また、高価なプログラミング技術もいりません。

この講座では、エクセルを用いてトレードシステムを作ります。

ラリー・ウィリアムズの名著、「ラリー・ウィリアムズの短期売買法」でも、エクセルを使ったシステムが多数公開されています。

必要なものは、エクセルと、簡単な関数だけです。

このDVDのシステム編では、数十時間にわたって、エクセルでゼロからシステムを組んでいく方法を解説しています。実際に、一緒にいくつかのシステムを作りますので、最終的にはご自分でシステムを作れるようになります。これで、他人のシステムに依拠した投資から脱することができます。

別に、複雑なシステムだけがトレードシステムではありません。

エクセルで作ったシステムも、立派なシステムですし、実際ラリー・ウィリアムズも使っています。

 

 

 

自分でシステムを組めるようになれば、新しい道が開けます。

 

話したこともない誰かが作ったシステムにただ漫然と従っているだけなら、申し訳ないですけれども、

それは奴隷としかいいようがありません。

 

 

 

この商品、「「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」」では、日本で初めて、システムトレードの構築法をお教えします!

「株・FXに興味がある・やってみたい!」 「投資で億万長者になりたい!」という方は、
ぜひ最後まで読んでみてください。

投資で1000万円損を出すのに5分とかかりません。
このレターを読むのにも5分かかりません。

 


この商品は、トレードシステムを組むことができる能力をはぐくむための100時間の動画教材です。
空前の、FXブームです。ネット上では、たくさんのトレードシステムが売られています。
「だって、自分でシステムを買ったほうが楽じゃん?」
「俺仕事あるし、投資の勉強とかだるいしさ…」
「システム作るのって、難しいでしょ?プログラミングとかできないし…」
こういった方が、巷の「完成したシステム」を買うのだと思います。

 

 



先日とあるシステム販売サイトのキャッチコピーをみて。
それは、「たった1日で1000%の利益を、何度でも上げることができるシステム」と名づけられたものでした。
1日で1000%ということは、
100万円持っていれば1日で1000万円になり、
1000万円持っていれば、1日で一億円になります。
このシステムを、検証してみましょう。
まず、投資対象の選別ですが、日本の株式市場を選んでいては不可能に近いです。
東京証券取引所の制度には値幅制限がありますので、
投資対象は必然的にレバレッジの高い先物市場や外為市場ということになります。

 

 

FX市場を想定して、1日で1000%の利益を上げるためにはどうすればいいか考えてみます。
なぜFX市場を例に挙げるかといえば、FX市場はレバレッジが高く、
一部の取引業者では、レバレッジを100倍に設定することが可能だからです。
レバレッジが100倍ということは、10%の変動(1ドル=100円から110円へ上がる、もしくは100⇒90に下がる)が、
1000%の変動になるということです。
そこで、たとえば投資資金1000万円で、ドルのショートを100倍のレバレッジで持ちます。
この場合、一日で、ドルが100円から110円になれば、見事一億円を達成できます。
その売買タイミングを教えてくれるシステム…。

どうでしょうか。

以上の話を聞いて、
「すばらしい!最高のシステムだ!」と思われた投資家は、

 

今すぐ相場を撤退し、資金を銀行口座に戻したほうが身のためです。


では、今からこのシステムの矛盾点と、危険性を指摘し、
システムの優位性を論破していきましょう。

 

 


@ボラティリティの問題
サブプライムショックの8月中旬ですら、ドルは一週間かけて、
120円から115円近辺まで下げただけ、つまり値幅は5円でした。
1日でドルが10円も暴騰・暴落するなどは、まずよほどのことがない限りはありえないことです。

 


Aそのような歴史的暴騰・暴落はめったに起こりえないので、システムは必要ない
そんなことが起こりうる事態として考えられるのは、
・日本・中国・韓国・タイ・インドネシアなどアジア圏全域での共通通貨が発表されたとか、
・天変地異や戦争…、たとえば北朝鮮がどこかの国に核を発射した(考えたくはないことですが)、
・米大統領が狙撃された、
など、世界を揺るがすような大事件が勃発したときでしょう。
そしてそのとき、株式・先物・金・商品・およびFX市場は、 恐ろしいほどに高い値幅の動きを見せるでしょう。
ですが、システムを確認するために、わざわざPCを立ち上げる必要はないです。

 

 

 

 

 

 


「不謹慎な話だけれども、9.11NYテロの日、僕はシステムを切った。その代わりに、テレビをつけた。
旅客機がワールドトレードセンターに突っ込む映像をテレビは何度も繰り返し流していた。
『今がボラティリティの高い瞬間であり、ポジションを持つ絶好のタイミングだ』ってことは、
わざわざシステムに言われなくてもわかったよ」
2006年にライブドア強制捜査が入ったときも同様で、あのとき空売りをしていた人はしっかり儲けています。
B.N.F.さんという投資家は、ライブドアショック時にもしっかりと20億円の利益を上げています。
2007年8月、サブプライム問題のときも同様に、懸命な投資家はしっかり利益を上げています。
ですが、そもそも、初心者はそういった場面で相場に参加するべきではありません。

 

 


B高すぎるリスク
さきほどのポジション、(1000万円でドルのショートを100倍レバレッジ全力買い)で、
奇跡的にドルが1日で10円あがれば、1000%を達成し、一億円にすることはできます。
しかし下に1円下がれば、その時点で投資資金1000万円の全額を失います。
そして、下に一円下がることは、上に10円上がるよりも高い確率で起こりえます。
さらに運悪く、ドルが下に10円動けばどうなるかわかりますか?

 

 

 

C結論
ここまで読んでいただいて、果たして、これが最高のシステムと呼べますか?
今紹介したシステムは、極端な例です。
中には、堅実なシステムを謳っている商品もあります。
ですが、そういったシステムも危ないのです。
なぜなら、自分でシステムを組むことができない初心者は、購入したシステムの優位性を知ることができないからです。
たとえばその商品が、dmiを使ったデイレンジと中期レンジを使ったシステムだったとします。
「最近二年間で、負けなし。ドローダウンも低く、利益率も高い!」と謳っていたとします。
ですが、それは最近二年間の話であり、今後どうなるかは誰にもわからないのです。

 

 

 

 

 

自分でシステムを組めずシステムの検証も行えない初心者トレーダーが
システムが使えなくなったことに気がつくのは、大きな損を出して相場から撤退するときです。
日本では、こういった、粗悪なシステムがたくさん売られているのです。
しかし、システムトレーディングの知識がなければ、初心者はだまされてしまう。
こういった粗悪なシステムにだまされないためにも、
自分でシステムを組む能力・システムトレーディングの知識を身に着けておく必要性があるのです。
わかっていただけたでしょうか。
はじめの疑問にお答えさせていただきます。
「自分でシステムを買ったほうが楽じゃないの?」
楽だからといって、リスクを背負いこむのは得策ではありません。

 

 


 

 


「投資の勉強とかだるいし…」
「パソコン音痴だから、プログラミングとかできないし…」
あなたにこそ、「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」をお勧めしたいです。

段階を踏んで学べば、プログラミングは非常に簡単です。
それに、システムトレードで使うプログラムはさほど難しいものは問われません。
「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」では、 C言語、VISUALBASIC言語、JAVA言語、EXCEL VBA言語を、
講義形式の動画で学ぶことができます。
おそらくプログラミングを学べる動画ソフトウェアは弊社商品だけだと思います。

 

 


「投資って何?というまったくの株式投資初心者から、システムトレードを始めたい!という上級者の方まで満足させる、
株の基礎、株の仕組み、マーケットスピードの使い方、信用取引の仕組み、
先物の仕組みなどの基本的なことから初めて、現物、FX、先物などの投資対象全般に関して、
ローソク足、移動平均線、一目均衡表、グランビルの法則などのテクニカル分析、
さらにPER、企業業績、会社四季報の読み方などファンダメンタルズ分析、
投資期間はデイトレード、スイングトレードなど短期投資から、中長期投資にいたるまで幅広く指導、
徐々にレベルを上げてゆき、外国人投資家の動向を考えた投資法、
そして授業の最後には、今までの知識を総動員してシステムトレードの構築法をイチから解説する、
株式投資専門学校の授業を収めた動画を、あなたのパソコンにインストールして、
いつでも何度でも見られるようにするソフト」
です。

一言で言うと長くなっちゃいましたね(笑)

 

 

 

 

 

 


投資の知識も、プログラミングの知識も、お金も必要ありません。
あ、でも、いちおう投資資金20万円くらいのお金と、パソコンは必要です。
エクセルも必要ですが、オープンオフィスを使えば無料です。

投資を順序だてて学べば、その20万円を、一億円にすることは決して不可能ではありません。

 

 

私の投資経験は10年です。ありとあらゆる相場に精通してきました。
私はもともと300万円の資金があったのですが、それを株式投資ですべてふっ飛ばしました。
そのあと、とある手法に出会い、一気に利益を上げられるようになったのです。
なぜ、私が投資で勝てるようになったのか?
それは… 後ほど解説します。

 



もっとも割に合わないギャンブルは、宝くじです。これは買った瞬間に、
掛け金の50%を国に持っていかれてしまうシステムになっています。
300円で宝くじを買った時点で、150円を国に持っていかれる計算になります。
掛け金は150円ということになるのです。
こんなひどいギャンブルはありません。
競馬、競輪などの公営ギャンブルも、胴元の取り分が25%というひどいシステムです。
たとえば10万円をディープインパクトに投じても、まず2万五千円を胴元が取っていく。
つまり掛け金は7万五千円になるのです。
馬券を買った時点で、2万5千円を損することになるわけです。

 


もともと負けることが前提のギャンブルです。
その点、パチンコは参加コストが3%といわれておりまして、
パチンコで生活できている人(パチプロ)が存在するのはこのためです。
しかし、パチンコをやるくらいなら、
投資をやったほうが絶対にいいです。

 

 

1つ目。個人がパチンコで100億円稼ぐことはほぼ不可能といえますが、
株取引なら(たとえ可能性が限りなく低いとしても)ありえる話です。
これは、投資はパチンコに比べてボラティリティ(上げ下げ幅)が高いためです。
さらに、投資ではレバレッジをかけることもできます。
レバレッジとは、自分の持ち金を何倍、何十倍にして取引できる機能のことです。

2つ目。パチンコやパチスロをやっても社会的に役に立つ知識として得るものは
少ないですが(北斗の拳やエヴァンゲリオンのキャラクターについて詳しくなる程度)
投資を始めるといやでも政治経済や海外情勢に関心を持たざるを得なくなり、
結果的に政治経済に強くなります。
初対面の人に仕事を聞かれて、
自分が「パチプロ」だとは少しいいにくいものですが、
「投資で暮らしている」というと、一目おかれることでしょう。

3つ目。先ほどの胴元の取り分の話で言いますと、
株の場合、手数料自由化によって、0.3%となります。

 

 

<胴元の取り分>

宝くじ 50%
競馬 25%
パチンコ 3%
投資 0.3%

どれにお金を使うのが得策か、これでおわかりいただけたと思います。

 

 


 


負け組は投資かネットビジネスをするしかない

正社員、派遣社員、フリーター、ニート…。
小泉・竹中政権が郵政民営化の裏でぶちたてた格差社会が問題になっています。
彼らの本来の目的は郵政民営化などでは決してなく、負け組をいじめ、格差を拡大させることが目的だったのです。
それなのに、2005年の総選挙では、負け組ほど小泉政権を応援していた。
自民党は無所属とはいえライブドアの堀江貴文被告を刺客に打ち立てました。
あれは負け組からの票集めのため、いわゆる客寄せパンダです。
堀江貴文はニートから億万長者にのし上がった人物ですから、
フリーター、ニートら、負け組票を集めるのには十分だったといえるわけです。
何がいいたいのかといえば、政治は腐っていて、今後も自民党は政権をとり続け、格差は拡大し続けていく、ということです。
あなたがフリーター、ニートであるなら、企業からいい具合に扱われ、捨てられるだけです。
正社員と、非正規雇用者(フリーター、ニート)の経済的格差は、
今後も拡大していくことでしょう。
フリーター、ニートには地獄が待っていることでしょう。

 

 

正社員、派遣社員、フリーター、ニート、主婦。
この中で、一番億万長者に近いのは、誰だと思いますか?
正解は、ニートと主婦です。
まず、ニートは、企業家にいちばん近い資質を持っているからです。
・協調性がない
・人に従うのが嫌い
・自己中心的
まさに、企業家の資質をそのまま備えているといえるでしょう。
さらにニートには、莫大な時間があります。
投資は、サラリーマンが片手間にやるものではありません。
もちろん、小金を稼ぐことは可能でしょうが、「億」という金をつかむには、専業の投資家になるほかないのです。
何からも束縛されていない、ニートがもっとも専業投資家になりやすいのです。

 

 

 


100万円から初めて100億稼いだBNFさん、
20代で20億稼いだ神王リョウさん
三年で三億円稼いだ三村さん、
hanabiさん、
工場に勤めながら四畳半の部屋で三億稼いだフリーターのhiroppiさん。
さらに、あの堀江貴文も投資家でした。
投資成功者のほぼ全員が、ニート、フリーターからの出発なのです。
この理由はやはり、ニートは時間があるので専業投資家になれる点と、
「企業家資質」を兼ね備えている点ではないでしょうか。

ひとりでずっとモニターに向かっていられる精神力を持っているはずです。
これが、ニートがもっとも億万長者に近い理由です。

 


最近、FXで何十億円稼いだ主婦が話題になりました。投資の世界には相変わらず男性が多いですが、
実は女性の方が投資に向いている部分が多いのです。
なによりもまず、男性は負けず嫌いで、
プライドが高く、自分のミスを認められない傾向があります。
相場でミスをしたときでも、自分のミスを認められず、損切りができない。
その点、女性は柔和です。ミスをミスとして受け止め、すぐに損切れます。
男性のようにガチガチにプライドの塊のような女性は少ないです。
投資をする際、もっとも不要なものがこの「余計なプライド」なのです。
また、女性は男性に比べて計算が得意です。
女性は、家計を握る身なので、男性よりもお金の使い方がうまい点もあります。
最近、女性、特に主婦の方が何億円稼いだという話をよく聞きます。
ですので、「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」は女性の方にもお勧めしたいと思います。

 

 


今の時代、もはや投資をするか、ビジネスをするかしか、負け組が勝てる方法はありません。
しかし、リアルなビジネス、たとえばレストランを始めるとか、そういったビジネスは壁が高すぎます。
ニートは協調性がなく、対人関係が苦手ですから、できるのはネットビジネスということになるでしょう。
ですから私は、まずネットビジネスでお金を貯め、そのお金で投資を始めるのが最短コースだと思います。

 

 

堀江貴文が著書「100億稼ぐ仕事術」で、こういっていました。
「今もしも無一文になったら、ぼくはまずアフィリエイトをやります。で、それで儲けたお金でデイトレードをやります。
これでまた億万長者です」
年長ニート・フリーター。無職になってしまったら、もはや正社員の道は閉ざされ、ろくな仕事に就くことはできません。
あなたは、今すぐに、投資、もしくはネットビジネスの勉強を始めるべきです。それしかありません。
この商品は、投資の勉強をいちからできる商品です。

 


投資を始めたばかりの7年前。私には、100万円の資金がありました。
いろいろなアルバイトを駆使したり、子供のころから死ぬ気で貯金した大金です。
ある日ついに専業トレーダーになることを決めました。
投資を始めようと思って、書店に行きました。薄い冊子を買いました。
「誰でも一億円!株式投資のやり方」などという本です。たしか980円程度だったと思います。
表紙には、「これを読めばあなたも一億円!」とか書いてあったと思います。
その本をパラパラと読みました。いろんな初歩的なことを知りました。
「大陽線が出れば買い」とか、「トレンドに乗ることが大事」とか、そういったことです。
ほか逆指値注文のやり方なども書いてありました。

 

 

今、私は、こういった本に怒りすら感じています。
安易なタイトルをつけ、あたかも簡単に大金を稼げるかのような幻想を抱かせる…。
「ふむふむ、この四角い線(ローソク足)が白かったら買い、
黒かったら売ればいいんだな…?」
(注:意味不明な投資法です。絶対にまねしないでください)
ちなみにこのとき、移動平均線の意味も、出来高の意味も、日経平均の意味も、何も知りません。
そんな状態で、デイトレードというものに初挑戦してみました。結果は、5000円程度の負けでした。
たった数分で自分のお金が上がったり下がったりする。
デイトレードの世界は、非常にエキサイティングでした。

 


「こんなもの丁半ゲームだろ?勉強なんてする必要ないよ」
「ずっとやってればいつかは勝てるんだ!」私はこのように思ってました。
だけど、何度やっても勝てない、勝てない、勝てない。負けが続く。
さいころを何度振っても、奇数ばかりが出る状態です。
負けが連続で続き、含み損が10万円にふくらんだところで、
ようやく気がついたのです。これは、勝率フィフティ・フィフティの丁半ゲームではない、と。
勘違いされている人が多いのですが、
実際は、株式投資は「上がるか・下がるか」の丁半ゲームではありません。
確かに「次の瞬間、株価が上がるか、下がるか?」という視点だけに限れば、
これは「丁半ゲーム」かもしれません。

 


 


株価が動くとすれば、105円に動くのか、95円に動くのか、いずれか二択です。
もちろんそのときの相場の地合によっては、偶数が出続ける、
もしくは奇数が出続けることはあるでしょうが、
とりあえずは二択であるといっていいでしょう。
しかし、だからといって、「勝率」も二択なのか?
株で勝てる確率も、50%、「勝つ」か「負ける」かの丁半ゲームなのか?
と言われると、これは間違いです。
道理では、100円の株が70円まで下がるためには、
95円、90円、85円、80円、75円…と、徐々に下がるプロセスを踏まなければいけないはずです。
95円に下がった、買う人がいないので90円に下がった、そこでも買う人がいないので85円に下がった…、
と徐々に下がっていくはずです。
しかし、一部仕手株などでは、
100円の株が、95円〜80円の価格帯を全てすっとばし、
いきなり70円にまで下がることもあります。天井付近で売り抜けようとする仕手筋が
あまりにも大量の売りをぶつけると、相場がストップします。

 


危険を感じて売りを出そうとしても、注文は通りません。ポジションを引っ込めることができないまま、
悪夢の15分後に、95円、90円、85円、80円の価格帯をすべてすっ飛ばし、
いきなり70円をつけることもあるからです。
このように、相場は道理にかなわないことが多数存在します。
さらに実際の株式投資では、証券会社が取る手数料や、
売買のタイミングから生じるずれ、板システムの不都合、
証券会社の遅れや、いわゆるスリッページなどが絡んできます。
たとえばXYZ社の株を100円で買うとします。
次の瞬間、XYZ社の株が105円になれば利益が出ますが、95円になれば、損が出ます。
重要なことは、100円のままだと、手数料分、損が出るのです。
株価が100円から105円に上がった。一瞬上がったように見えますが、あなたは売れないのです。
先に注文を出した人から売れていくわけです。ですから、100円で買って、105円で売り注文を出せば、
それが確実に売れるには、110円まで上がらないといけないことになります。
ほかにも、逆指値を使った取引のときに、スリッページ問題も生じてきます。
今は現物の場合の話をしましたが、FXの場合、似たようなシステムとして、スプレッドも絡んできます。
今挙げたいろいろな条件を加味すると、勝率は50%を下回ることになります。

 


次の瞬間の株価。これは、上がるか下がるかの二択、50%である。
しかし相場に参加してポジションを持つ場合は、手数料、板、スリッページ、スプレッドなどが複雑に関わってくるために、
勝率は5割を切る、つまり負ける確率のほうが高い、ということになります。
ですから、株式投資を丁半ゲームだと勘違いし、何も考えずにただ漫然と買って、漫然と売ってを繰り返していたら、
一瞬のまぐれ勝ちが続いたとしても、大きい目で見れば資金がどんどん減っていくことになるわけです。
ですから、ここに、「相場分析」が必要になってくるわけです。
どんな賭け事でもそうですが、絶対に勝つのは、親です
(今、私は、株式投資のことを「賭け事」といいました。
異論はあるでしょうが、デイトレード・スイングトレードなど
いわゆる短期投資はギャンブル性が非常に高いのでそう呼ばせていただきました)

 


資金をたくさん持っている個人投資家?
いいえ。
仕手筋?
いいえ。
答えは、取引のたびに手数料を取る、証券会社です。
証券会社の勝率は、実に100%です。
個人投資家が買っても、負けても、証券会社には手数料が必ず
入るため、勝率は100%になるわけです。
楽天証券、イートレード証券、外為どっとこむ…。星の数ほどの証券会社がありますが、
これらの会社が躍起になって、個人投資家に口座を開かせようとする理由が、これでわかったと思います。
個人投資家が、自分の証券会社に、どんどん口座を開いて、どんどん取引をしてくれれば、
どんどん手数料が入り、どんどん会社が儲かる。
個人投資家が利益を出しても、個人投資家が損を出しても、
日経平均が上がろうが下がろうが、NYダウが暴落しようが中国市場が高騰しようが、
証券会社は損をせず、取引のたびにプラスの手数料を得るのです。

 

 

ネット証券が広がる以前は、株式投資といえば長期投資が主流でした。
一度株を買えば、持ち続ける。これが当たり前だったのです。
家にいながらマウスクリックひとつで注文を出して、その5分後に売る。そんな芸当はムリだったのです。
昔は、証券会社に出向いての対面取引か、電話での取引でした。
そんな状態では、デイトレードなどできるわけがありません。そのぶん、一回の取引手数料が高かったのです。
現在は、ネット証券の爆発的な広がりによって、個人投資家が増え、それにあわせて手数料の自由化がされて、
ずいぶん一回の取引手数料が安くなりました。
証券会社としては、個人投資家が増えて、どんどん取引をやってくれたほうが好都合です。
「買って、持ち続ける」という昔ながらのスタイルの投資家は、
証券会社的にはあまりいいお客さんではないのです。
だから短期投資家が増えてくれたほうが、証券会社にとっては好都合なのです。
相場のトレンドが上がっても、下がっても、横ばいでも、一律の手数料が入ってくる。
証券会社は、今後どんな暴落がこようが、絶対に勝てる、儲けを出すことができるわけです。

 


近年のデイトレード・ブーム、投資ブームは、
証券会社と出版社が組んで作った、仕組まれたブームなのではないかとさえ、黒岩ヒロトは思っています。
ブームに乗せられた何万人もの個人投資家が、損を出して、相場を去っていくのです。
投資で成功できる個人投資家は、全体から数えてほんの一割だという統計はよくみかけます。
しかし、恐れないでください。裏を返せば、一部の投資家は勝てている、ということです。
基本をしっかり学び、ステップアップしていけば、あなたも必ず、私のように、投資に勝てるようになれます。
(余談ですが、「競馬の必勝法」という教材は、絶対に買わないでおきましょう。
競馬には必勝法などは、ありません。競馬の場合、親はJRAになりますが、馬券を買った時点で、取り分の半分をJRAが持っていくのです。はじめから負け るギャンブルをしている、ということに気づいてください。「必勝法」など、あるわけがないのです。いつかは必ず負けるシステムになっているんです。勉強す るのがいやな人、経済が苦手な人は競馬に走りやすいですが、悪いことは言わないのでレクリエーションの範疇に留めたほうが身のためです。競馬で生計を立て ているという人の話よりも、株で生計を立てている人のほうが圧倒的に多いことから考えてもわかることでしょう)

では続きを話します。

 

 


薄い本を読んだだけの初心者の私は、次の日、二度目のデイトレードに挑戦しました。
結果は3万円の負けです。
私は、完全な初心者でした。日経平均の意味も、テクニカル分析も、ファンダメンタルズ分析も、
FXの存在も、先物取引のことも知りませんでした。
ただ私が知っていたのは、「白くて大きいローソク足が出たら買い」
という、非常に大雑把な知識だけでした。こういったローソク足のことを「大陽線」と呼ぶのですが、
こんな単純な知識だけで、相場に臨むというほとんど自殺行為に近いことをしていました。
投資を始めた当初は運よく掛け金が少なかったので、大きな痛手を踏むことはありませんでしたが…。
負け続け、含み損が20万円になったとき、某有名トレーダーの発売していたデイトレード商材を購入しました。
価格は、15万円。それでも、一流トレーダーのワザを盗めるのならば高くないと思いました。
15万円の商材、その中身は、30ページほどのpdf文書でした。
その商材では、ナンピンを薦めていました。ナンピンとは、もし買った株が下がっても、
さらに買い足せば、上がったときに利益が出る、という手法です。
ナンピンは、上級者のテクニックです。
(ちなみに、私個人はナンピンをして得をしたことは
一度もありませんので、上級者の方にも、私はナンピンをオススメはしません)
損が出たら買い増しなどせず、あきらめて損切ったほうがいいと思います。
当時の私は、投資のことなどまったく知らない、初心者でした。
ローソク足程度しか投資の知識がない初心者にナンピンを教えるなど、
サルに核スイッチを持たせるような行為で、非常に危険です。
それならばむしろ、無駄な知識など知らないほうがいいのです。
ですが私は、次のトレードのとき、さっそくナンピンを実践したのです。しかも仕手株で。

 

 

私はそのころ、仕手株の存在についてもまったく知りませんでした。
仕手株というのは、「仕手筋と呼ばれる連中が株価を意図的に吊り上げる行為に選ばれた銘柄」のことです。
仕手株はボラティリティが高く(値動きが激しく)、特に材料があるわけでもないのに急激に値上がりするので、
デイトレードに向いているといわれていますが、
同時に、何の前触れもなく突然乱降下するので、非常に危険な銘柄です。
仕手筋は、株価を吊り上げる何日か前に株を買って仕込んでおき、吊り上げた時点で高値で売り抜けるわけです。
このような、仕手筋のやっていることは証券取引法にひっかかる、立派な「犯罪」行為です。
こんな犯罪がまかり通っている日本の株式市場の現状には、正直辟易します。

 

 

さらに、「仕手株で儲ける本」などという書籍も出版されています。これは、トンデモ本の一種です。
仕手株への投機を薦めるなど、ある意味では犯罪に加担することにもつながり、私には信じられません。
私は絶対に、初心者が仕手株に参加することを薦めません。
ですが、初心者の私は、ランキング情報で上位にあった株を買いました。
その株は有名な仕手株でした。ですが私は、仕手株という言葉さえ知りませんでした。
私が買った次の瞬間、株は下がり始めました。驚きました。
なぜだ?と思いました。どれだけ自問自答しても、株は乱降下していきます。
「損切しよう」と思ったころには、もう損切できるレベルではない価格にまで落ち込んでいました。
そこで、私は「ナンピン」を考えました。
「意味はよくわからないけれど、有名な人が出してた10万円もする本に書いてあったんだ、
きっとうまくいくに違いない」
そう思いました。私は、その仕手株を買い増しました。
次の瞬間、その株はさらに下げ始めました。二回目の下げが始まったのです。

 

 

もはや、自分がはじめに買った株価の300円は遥か遠くにあり、気がつけば株価は220円にまで落ちていました。
後場が終了する午後3時前、私は損切をしました。結果、30万円の含み損がでました。
一億円の資金を持っている人にとっては、30万円という金額はたいしたものではないかもしれません。
しかし、株はパーセンテージで考えなくてはいけません。
当時の私の総資産は100万円程度でした。つまり、たった一日で、30%の資産を失ったことになります。
一億円持っている人が、たった一日で3000万円損した計算になるのです。
一日の、しかもたった30分程度のトレーディングで総資産のうち30%を失うなど、
相場から撤退したほうがいいと思えるほどに、大きな負けになります。
それでもデイトレードを続け、結局投資資金のすべてを失い、私は相場を去りました。

以上、私の「一度目の失敗」のお話をしました。
この失敗から学べる教訓は、「無知」。無知が呼んだ負けだと、結論することができるでしょう。
さらに、この私の失敗例から何を学んでほしかったかといえば、
「何も知らない初心者が、上級者が読むような本に手を出すと失敗する」ということです。
つまり、私の主張は、「基本をまず徹底せよ」ということを強調したいわけです。
投資は自己責任です。自分の負けを、本、ライター、出版社の責任にすることはできません。
しかし、投資ブームを作り出して、安易な本を乱発し、
何も知らない個人投資家にあたかもすぐに大金をつかめるかのような錯覚を起こさせている、昨今の書籍には閉口しています。

 


私は死に物狂いで、ヤフオクやアマゾンでせどりをして、投資資金ををためました。
もう一度相場に挑戦するためです。
前の失敗で私に足りなかったものは、「知識」です。テクニカル分析という言葉も、MACDも、一目均衡表も、
何も知りませんでした。
一度は相場を去った私ですが、もう一度相場に挑戦することにしました。今度は、死に物狂いで勉強しました。
ありとあらゆる本を読みまくりました。初心者向けの本、名著と呼ばれる本…、何から何まで読みました。
空売り、逆指値、MACD、ブレイクアウト、グランビルの法則…、数々の言葉が頭に入りました。
さらに日経平均が及ぼす影響や、アメリカ市場が為替市場に及ぼす影響など、
それらファンダメンタルズ的な知識も身につけたつもりでした。
そして、再度相場に挑みました。

 

結果は…、200万円の負けでした。自殺しようかと思うほど落ち込みました。
これはすべて事実です。結果、300万円、すべての資金を失い、私は相場を去りました。
もう二度と投資はしない、あれだけ勉強しても勝てなかったんだ。あんなものは、すべてまやかしなんだ。
カリスマトレーダーも、100億円稼いだ個人投資家も、何もかも証券会社と出版社が組んで作り上げた幻想なんだ…。
そう思いました。
相場などから手を引き、堅実に暮らそう…、そう思ったのです。
繰り返しますが、私は怠けていて負けたのではありません。死ぬような思いで勉強をしました。
私はそのころニートでしたので、時間がありました。

 


ありとあらゆるテクニカル指標を覚えました。
MACD、サイコロジカルライン、出来高、パラボリック…。本当に、血を吐くような努力をしたつもりです。
ダウ理論も理解し、テクニカル分析の読み方も、ほぼ理解しました。
トレンドフォロー型指標と、オシレーター系指標の違いも理解し、それを使うべき場面と、使わざるべき場面も理解しました。
できることはすべてやったつもりでした。
「歴史的な名著」と呼ばれる本もたくさん読みました。
それでも、負けました。負けまくりました。たとえばソフトバンク株に望んだときも、
いろんな指標を使って分析したのに、思うように相場が動かずに負ける。こういうことが多々ありました。
いつのまにか含み損が膨れ上がり、気がついたころには300万円に達していました。
そして私は相場を去ったのです。



株式投資のことを忘れ、半年が過ぎようとしていました。
ふと立ち寄った書店で、私は会社経営の本を読んでいました。
とある翻訳書を手に取り、愕然としました。すべてが覆されたような気分になりました。


システムトレード。

この言葉が、私のすべてをさっと変えました。

 

 

 

 

投資分析を機械に任せる…、そんな手法が存在する…。


私はむさぼるように本を読み、関連書籍も買いあさりました。
システムトレードに関して書かれているのは、すべてアメリカの本でした。
日本の書籍で、システムトレードについて書かれているものは、100冊あって1冊程度です。
「日本の名著」と呼ばれる本ですら、システムトレードの「シ」の字すら書いてなかったのです。
しかし、投資の本場アメリカの本では、ほぼすべての本にシステムトレードに関する記述がある。
このことを知って、私は愕然としたのです。


テクニカル分析を学んだことは決して間違いではなかったということ。
ただ、その使い方を誤っていたということです。
私は、目視で確認していました。たとえばチャートにトレンドラインを引いてみる。
そのトレンドラインを、下にブレイクしたら買う。もしくは売る。
たとえば、移動平均線がデッドクロスすれば売る。こういった作業のすべてを、目視で行っていたのです。
データの検証など一切せず、正直に言えば「なんとなく」「勘で」分析をやっていたのです。
テクニカル分析の知識は、システムトレードでつながる…。
これを知ったとき、私の目は覚めました。 もう一度、相場に挑戦しよう、そう思ったのです。
専門書を買いあさり、プログラミングを学び、エクセルの使い方も学び、
自分の力でエクセルで簡単なトレーディング・システムを組みました。
そして、ついに、ついに、ついに!継続して勝てるようになったのです!涙が出ました。
今までの苦労がすべて報われた気がしました。
ここで重要なことがひとつあります。
システムトレードをはじめたからといって、勝てるようにはならない、ということです。

 

 

 

 


すべてがつながったからです。
たとえば、何の投資経験もない天才プログラマーがいるとします。彼は何の知識もありませんが、プログラミング能力はスゴいので、
システムを組みました。ですが、彼は絶対に勝てません。なぜなら、投資には、5つの能力が必要になるからです。
それは、

@テクニカル分析
Aファンダメンタルズ分析
B資金管理
C心理面
Dシステムトレードを組むプログラミング能力

この5つ、それぞれが、20%づつの重要性を持っています。ひとつでも欠けてはいけません。
どれほどの天才プログラマーであっても、Dが満たされているだけなので、
相場で勝つことは絶対にできません。すべてが20%づつの重要性を持っています。
システムを一切使わず、裁量トレーダーで何億円と稼いでいる人がいます。
なぜか?

それは、彼が@〜Cまでのすべてを満たせているからです。80%の力で相場に臨めば、きっと勝つことができるでしょう。
私は、裁量トレーダーがシステムを組めば、100%の力。もはや無敵になれると思います。
裁量トレーダーの方にも、ぜひこの商品をお勧めしたいと思います。
そして、私がなぜシステムトレードを導入することで勝てるようになったのか?
それは、すでに@〜Bまでの知識があったからです。Cが弱かったのですが、Dを取り入れることで、
Cすら補填することができたのです。これで投資に必要な5つの側面、すべてを満たすことができたので、
私は勝てるようになれたのです。
この商品では、この投資に必要な5つの力、そのすべてを手に入れることができます。

 

 


 


・問題
突然ですが、次の問題に、直感で答えてください。
コインを10回投げます。表が出たら○、裏が出れば×と記録します。
では、次の@とAの中で、出やすい例を選んでください。
@ ○○○○○○○○○○
A ○××○×○×××○

出ましたか。 では答えを発表します。

答えは、「いずれも同じ確率」です。

@ ○○○○○○○○○○
A ○××○×○×××○
いずれも、出現する確率は同じなのです。
@を見ると、「○が10回も連続して出るなんてありえない」と考えると思います。
Aを見ると、ランダムに見えます。だからAがいちばん出やすいように錯覚するのです。
ですが、@も、Aも、いずれも同じ確率で出現するのです。
これが、人間心理の浅はかさです。投資をする際、これが非常に邪魔になるのです。
今のコイン投げゲームの心理を、投資に置き換えてみると、
「10日連続で日経が上がったんだから、そろそろ下げるに違いない」とか、
「ドルが7日連続で下げ続けてるから、そろそろ上がるだろう」といった、
何の検証もしない、当て推量的な考えで投資をしている、ということになります。 
あなたにも心当たりはありませんか?
システムトレードの場合、確率論をパソコンにゆだね、当て推量投資を一切排除します。
不要な人間心理を、極力排除することができるわけです。

 


 


@映画館に行きました。事前に、2000円で前売チケットを買っています。
映画館に到着後、チケットをなくしたことに気がつきました。
さて、あなたは、もう一度2000円を払い、入場券を買いますか?
A「仕方ない、もう一度2000円払って、映画を見よう」
B「同じ映画に4000円も払うなんていやだ。買うのはやめよう」

よほど見たい映画ならともかく、
「絶対に買って再入場する」という人は、さほど多くはないと思います。

ですが、次の場合どうですか?

A映画館に行きました。2000円のチケットを買おうと思ったら、
ポケットに入れていた2000円を落としたことに気がつきました。
さて、あなたはチケットを買いますか?
この場合、「チケットを買って映画館に入る」と答える人は
@よりもやや多くなると思います。

いずれの例も、一切サービスを受けない無駄な2000円を失っています。
ですが、@よりもAのほうが、
映画代金として2000円を払いやすいと思います。

 


 

 

では、
B映画館に来る前に、パチンコで20万円スリました。
ムシャクシャするので、気晴らしに、
トム・クルーズ主演のアクション映画でも見ようと思います。
さて、あなたは2000円でチケットを買いますか?
A「20万円もすってしまった。倹約しよう」
B「20万円もスッたんだ、2000円ぽっち、どうってことない」
おそらく「B」の考え方のほうが、より人間らしいのではないでしょうか。
いらいらする、むしゃくしゃする、負けた自分を認められない、こういうとき、人間はとんでもない行動に出ます。
Bを選んだ人は、映画館を出たあとも気がまぎれずに、身の丈に合わないような高級料理を食べたり、
キャバクラで豪遊したりするかもしれません。で、一日寝たらすっかり忘れて、次の日またパチンコ店に行くのです。
コンビニでは一円でも安い発泡酒を選ぶ倹約家なのに、投資で負けた瞬間に突然浪費家に変わる。

 

 

株式相場で大負けした日に、悔しさのあまり身の丈にあわないような豪遊をした…、あなたにも経験はありませんか?
「今日はXYZ社株で大勝ちしたから、ちょっとくらい負けてもいいや」と考えて、無理なトレードをする。
「今日はXYZ社株で負けた。悔しい。負けを取り戻したい」と考えて、無理なトレードをする。
こういうトレードをした場合、たいがい失敗に終わります。
私も過去よくあった経験なのですが、デイトレードで負けると、その負けを取り戻したくて、
自分の決めた買いのルールに合致しなくても、何でもいいからポジションを取りたくなる。
別の銘柄に手を出してしまい、また負ける。
システムトレードを導入することで、こういった無駄な投資心理を一切排除することができるのです。

 


紛れもない事実ですが、日本は株式投資の後進国です。書店に行けばその事実がわかります。
私は書店の株式投資コーナーに10時間くらい入り浸る男です。毎月欠かさず書店に通い、新刊をチェックしていますが、
そのたびにため息と怒りを感じています。ふざけた出版社…、ふざけた作家…、ふざけた証券会社…。
書店の株式コーナーでよく見かけるのが、
「ど素人がFXで1億円稼ぐ方法」「一年で20万円を2000万円にした方法」
などという本です。

 


「ど素人が一億円稼ぐ方法」…という本のページを開いてみます。
巻頭はまず、「証券会社に口座を開こう!」から始まります。
それから「ローソク足の読み方」とか「移動平均線の読み方」と続き、
それで本の半分程度を終わります。「え!あと100ページしかないのに、どうやって一億円稼ぐ方法を教えてくれるの?」
私は心の中で叫びますが、本はその答えを出してはくれません。後半の100ページには、相場のチャートが載っています。
「ここでデッドクロスだから買い」だの、「ここで大陽線が出てるから買い」だの…、
何の根拠もない適当なことを抜かしてお茶を濁し、唐突に本は終わります。
株式投資のことを何も知らない人が、「一億円稼ぐ方法」などという、
こういったタイトル負けの本を一冊読んだだけで、相場に向かうとどうなるかわかりますか?

 

 

 

冒頭で私は、「日本は株式投資の後進国である」と述べました。
その理由は、「システムトレードに関する設備も、書籍も、何もかもが未熟であるから」です。
アメリカの投資関連の訳書を開いてみてください。
ほぼすべての書籍で、システムトレードに関する記述があります。
しかし、日本の書籍は、ひどいものです。はっきりいえば、日本の出版社は最低です。
「一億円稼ぐ方法」などと書いておいて、ローソク足の読み方と移動平均線の読み方をちょいちょいと書いただけの本…。
「あとは実践でガンバレ!」とか、「まずは自分の興味のある会社の株を買ってみよう!吉野屋が好きなら吉野家を買おう!」
などとふざけたことをかいています。
たしかに、日本の書籍にも、すばらしいものはあります。
しかし、私は日本の名著と呼ばれる投資系の本のほぼすべてに目を通しましたが、
システムトレードに関係する本は数冊しか出ていません。
日本では、「システムトレード」という投資手法自体、知らない人が大多数だと思います。
システムに頼らずに。自分の判断で投資を行う手法を、裁量トレードと言います。
私は裁量トレーダーを否定するつもりはありません。

 


裁量トレードで勝てている人は、システムを導入すればもっと勝てる!ということです。
まったく何の知識もなく、勘だけで相場に挑んだのが第一段階。ここで私は100万円負けました。
次にテクニカル分析の本を読み漁り、第二段階で私が到達したのは、裁量トレーダーでした。
ですが、勝つことはできなかった。200万円負けた。
第三段階。
私が継続して勝てるようになったのは、システムトレーダーになってからです。
私が気づいたことは、裁量トレード+システムトレードは最強の投資家を生み出すに違いない、ということです。
過去の膨大なデータを目視で確認していくことが、正直に述べて、不可能です。
ですから、深い分析はせず、ほんの数ヶ月の日足だけを見て、
「ここはデッドクロスでここはMACDがシグナル出してるから買おう」などと、
安易な投資をしてしまうのです。私は恐ろしくて、システムを介さずにトレードをすることなどできません。



 

たとえば現物の場合、日経平均の全体的な地合が悪いと、いくらがんばっても買いでは勝てない。
冷静になればわかることです。それに気がつけずに、いや、気がついていても、
パニック状態になっているときは、トレードをやめることはできない。
ただ頭の中は怒りと悔しさと焦りで充満しているので、ふだん行わないような、不合理な投資を繰り返す。
すでに上がりきった銘柄を、天井近辺で買う。よくわからない新興株や、仕手株に手を出す。
マゾヒスティックな負けトレードを繰り返すわけです。
システムトレードでは、このような感情的トレードを一切排除することができます。

 

 

「1000万円の損失」と聞くと、それぞれ人間はあらゆる反応を取るはずです。
百億円の投資資金がある人に取ってはさほどの痛手でもないでしょうが、
1000万円しか投資資金がない人にとっては、元本をすべて失うことになります。
1000万円あれば、あれも買えた、これも買えた、あれもできた…、などと考えてしまうのが人間です。
しかし、パソコンがいちいちそんなことを思うでしょうか?

たとえばエクセルで組んだシステムが、
「1000万円もの投資資金でバックテストを行うのか…、緊張するなぁ…。1000万円もあれば何ができるだろうか…」
などと動揺してしまい、計算のミスを連発する。
星新一や筒井康隆の小説でもない限り、そんなSFじみたことは起こりません。
エクセルはただ画面に1000万円を数値として表示し、愚直にバックテストを行うだけです。
システムには心がない。
正直言って、株式投資を行う上で、人間心理は邪魔です。
「下がるんじゃないか?」とか「○○円になったらどうする?」とか、余計なノイズばかり発してきます。
これが大多数の人間が投資で負ける理由です。

システムトレードで得られるメリットはたくさんありますが、最大のメリットは、この余計な人間心理を殺すことができる点です。

 

 

 

人間のお金に対する考え方は非常にアバウトで、あいまいなものなのです。
このような資金管理の面でも、システムトレードでは邪魔な人間心理を一切排除することができます。
株をはじめたばかりの初心者が勝てないのは当然です。はじめはビギナーズラックで勝てるかもしれませんが、
何度かトレードを続けるにつれて、ボロが出てきます。
しかし、がんばって勉強しても勝てない人がいる。テクニカル分析も、ファンダメンタルズも、しっかり学んだ上で
トレードに望んでも、勝てない人がいる。そんな人に、システムトレードを推奨したいのです。
実際、私がそうでした。

デイトレードで100万円負けたあと相場から去ったのですが、再び投資への意欲が再燃した私は、
投資関係の本を片っ端から読み漁りました。百冊は読んだと思います。
ローソク足、移動平均線、ゴールデンクロス、一目均衡表、MACD、トレンドライン、ブレイクアウト、ウップス、損切り…。
頭の中に、言葉がどんどん増えていきます。
もう、昔の私ではありませんでした。負ける気がしませんでした。そして相場に挑んだのですが…。
投資に戻ってきたばかりのころに、ちょうど9.11テロの日が重なりました。
一日で、100万円の損失を出しました。発狂しそうになりました。
それからは負け続き。結果は、200万円の負け、またもや全額を失いました。
総額で、300万円負けたことになります。

300万円!
まだ会社を始める前のことです。
資本金を集めようと必死に貯金してきたお金が、ほぼすべて吹っ飛んでしまいました。



相場から敗北者の烙印を押されたことを、認めざるを得ませんでした。
怒りと悲しみに震え、プライドはズタズタになり、
投資関連の本を焼き捨て、契約する証券会社を解約し、相場から去りました。
毎晩、頭を抱えて、自問自答を繰り返しました。なぜ、あれほどまでに勉強したのに、勝てなかったのか?
いろんなテクニカル指標の使い方は完全に頭の中に入っているし、トレンドについても学んだ。
ダウ理論も、ワイルダーの定義も身に着けた。それでも勝てない…。
なぜだかわかりますか?
もっとも重要なこと。
「人間心理」です。
私の「心理」面の弱さ、脆弱性が、そのまま相場での弱さに直結したのです。ポジションを持つと、すぐに不安になる。
株価が下がると、すぐに売りたくなる。株価が上がると、すぐに売りたくなる。
損を小さく、利益を大きく。いわゆる「損小利大」と呼ばれる考えですが、
それが実践できるほど人間心理は単純ではありません。
どうしても、損を小さくしようとすれば利益も小さくなるし、
利益を大きくしようとすれば、損も大きくなるのです。
私のやっていた「裁量トレード」では、「心理」がトレードの邪魔をします。
どれだけ投資力を身につけたところで、どれだけしっかりした知識を身につけたところで、
「人間心理」が悪い方向に向かっていれば、相場では勝てないのです。
ほかにも、知識をつけすぎた人によくある傾向ですが、
「一目均衡表ではローソク足が雲の中に入ったけど…、MACDでは買いのサインが出ているし…」
と、いろんな指標がぶつかりあうことがあります。矛盾が生じるわけです。

 

 

 

 

こうなると、とても人間の脳では処理し切れません。
これをシステムに任せれば、指標のサインが「買い」と「売り」でぶつかり合った場合でも、
長期間のバックテストで検証することができるのです。
私がようやく、安定して勝てるようになったのは、システムトレードを導入してからでした。
システムが出すシグナルにしたがって、ポジションを取り、手仕舞いする。
そこに、私の意志は一切必要ありません。システムに従えば、それだけでいいのですから。
胃もたれもなくなり、気持ちが楽になりました。夜、自分のポジションが気になって眠れなくなることもなくなりました。
裁量トレーダー上級者の方に、ぜひこの商品を薦めたいです。裁量トレードの知識は、決してムダにはなりません。
それどころか、裁量トレードとシステムトレードが手を組めば、大いなる武器になります。
この商品を使って、システムトレードへの第一歩を踏み出してください。

システムトレーダーに必要な知識は、どんなものでしょうか?

それは、もちろんプログラミングの能力です。ですが、それだけでしょうか?
違います。テクニカル、ファンダメンタルズ、投資心理、資金管理の能力がやはり必要になってきます。
私は現役のシステムトレーダーですが、
裁量トレーダー、ファンダメンタルズ投資家を批判するつもりはありません。
むしろ、裁量トレード、ファンダメンタルズ投資、テクニカル投資、
そのすべては、システムトレードと結託すべきだと考えています。
ファンダメンタルズ、テクニカルの知識がおろそかになっていれば、単純なシステムしか作れないからです。
たとえば「ゴールデンクロス・デッドクロス」程度しかテクニカルを知らないなら、
「短期移動平均線が長期移動平均線を上抜けば買い、下抜けば売り」という、
きわめて単純なシステムしか構築できないことになります。
テクニカルの知識も、ファンダメンタルズの知識も確実に持っている人なら、
いざシステムトレードを始めても、それは大きな武器になります。
はらみ足、逆三尊、たすき線など、昔ながらのテクニカル分析がたくさんあります。
この商品でもほぼすべてを紹介しています。
こういった手法を、「宗教の世界」などとあざ笑う人がいます。
ですが、私はこういった手法には有用性があると思います。
ですが、たとえば「たすき足」の手法を、相場で目視でそのまま使ってはいけません。
システム上で再現し、大量のデータを用いて、分析するために使うのです。

 


たとえてみましょう。
あなたは相場を打ち抜くために、拳銃を向けています。
トレードシステムは「拳銃」です。
ファンダメンタルズ、テクニカル分析は、「弾丸」です。
どれだけ精巧な拳銃(システム)を組むことができても、玉がなければただの鉄クズです。
また、どれだけすばらしい弾丸(テクニカル分析手法)を作っても、拳銃がなければそれがただの鉛です。
システムを通して検証を行わずにテクニカル分析をそのまま使用するということは、
弾丸をそのまま手づかみで相場に投げつけているような状態です。
おまけに、相場は防弾チョッキを着ています。
そんじょそこらの銃では、殺すことはできません。当然、手づかみの弾丸など、まったく痛くもかゆくもないのです。
テクニカル分析を学んだあなたのお金が死ぬのはそのためです。
私がテクニカル分析本を読みまくっても勝てなかった理由はそのためです。
典型的な負け組投資家は、
「MACDが上抜いたら買い!」「前日のアメリカダウ平均が下がれば、今日の日経は買い!」などと本で読みます。
「今度こそ勝てるぞ…」と相場に臨みます。

 


なぜなら、入念なデータ検証を行えていないからです。
果たしてMACDや包み足やウップスは、自分が望む相場で有用性を持つのか?
そして、現在、機能するのか?FXでは機能するのか?USD/JPYではどうか?
先物ではどうか?ソフトバンクではどうか?期間は何日で検証すべきか?
100万円を一年間で一億円にしたラリー・ウィリアムズという投資家がいます。
彼はシステムトレーダーの神様ですが、おびただしいイナゴの大群ほどに、
膨大なデータを組み、大量のシステムを構築します。
しかし用いているテクニカル分析は、包み足など、非常にオーソドックスなものも多いのです。
あなたは何のデータ検証もせず、ただ「大陽線が出たら買い」と聴いて、
それだけを頼りに相場に臨んではいませんか?
それは、ダンボールの船とスプーンを片手に太平洋航海に出発するようなものです。
要するに、「絶対におぼれ死ぬ」ということです。私が、何度も溺れ死にましたから。
日本の書籍が腐っている点はここです。
システムの検証法すら載せず、ただ「大陽線が出たら買い」などと書いて終わり。
これでは、初心者に「死ね」といっているのと同じことです。
「包み足」「MACD」「一目均衡表」「パラボリック」「グランビルの法則」など、
いろいろなテクニカル分析手法があります。
そして、日本の書籍ではそればかり紹介する傾向にあります。
ですが、テクニカル手法を覚えるだけでは意味がないのです。
考え付いたテクニカル手法を、膨大なデータ+システムで検証してみて、初めてそれが有用性を持つのです。

 

 


 


「前日アメリカ市場が年初来最高値をつけていて、かつXYZ社株のMACDが買いシグナルを出している場合、
その三日後の寄り付きで売り、五日後の引けで買い戻し」
(注:これは投資条件の「仮定」です。勝てる手法を紹介しているわけではないので気をつけてください)
この場合、
「前日アメリカ市場が〜」の部分はファンダメンタルズの領域です。
「アメリカ市場と日本市場が互いに連動しあっている」という知識がなければ、決して考えることのできない条件です。
さらに「MACDが〜」の部分はテクニカルの領域です。MACDの完璧な知識がなければ、この条件も浮かんでこないはずです。
ファンダメンタルズ、テクニカルの知識があれば、このような複雑な「トレード条件」を考えることができます。
ファンダメンタルズ、テクニカルの知識がなければ、こうした「トレード条件」自体を考えることができない。
たとえばラリー・ウィリアムズが考えた「ウップス」という投資法があります。
「ギャップを空けて前日の高(安)値を越えて寄付き、ザラ場でその高(安)値まで値を戻したところで順方向に建て玉し、
大引けまでホールドする」
といったものです。このウップスの知識、これはテクニカル的な範疇です。
システムが勝手に生み出してくれるものではありません。

 

 

裁量トレーダーの方は、このウップスを、特に検証もせずにそのまま使うでしょう。
もしくは目視で数日間の検証をしてみて、勝てているように感じたら、使うかもしれません。
数日間の検証だけでウップスを採用するのは、非常に危険なことです。できれば数年間の検証が欲しいところです。
しかしながら、数年間の検証となると、とても目視と手作業では追いつきません。
しかも、ウップスを検証したい投資対象がひとつの現物株だけではなく、FXや先物にも及んでいたらどうでしょう?
検証だけで数年間かかってしまいます。
しかし、ウップスの条件を組み込んだシステムをエクセルで構築すれば、膨大なデータの検証が可能になります。
数年分のデータでも、株価をコピー&ペーストで取り込めば一瞬で検証することができます。
バックテスト検証期間が長ければ長いほど、そのシステムの有効性は強固なものになりますから、
数日間の検証だけでトレードをする裁量トレーダーよりも良い結果を生み出すことでしょう。
しかし、システムはあくまでシステムです。検証するための道具です。人間の脳を持っているわけではないので、
「ウップス」の概念を自分で考え、生み出すことはできません。
テクニカル分析は人間の脳に、その検証はシステムに任せる、これが最良の選択ではないかと思われます。
というわけで、テクニカル・ファンダメンタルズとシステムは、両天秤であって、どちらかが欠けてもよい結果は出ないのです。
複雑なトレード条件を考えついても、手作業ではその検証に莫大な時間がかかる。
その面倒な検証を、トレードシステムを作って行えばいいのです。
このように、システムトレードを行う際にもやはり、
株式投資の基本となる、テクニカルおよびファンダメンタルズ、それから損切りや投資心理。
これらはしっかりと見につけておく必要がある、ということがわかっていただけると思います。

 


システムを使わない、裁量トレーダーの方は、無駄なところで時間を投資しています。
日々、スクリーニングに頭を悩ませている方も多いでしょう。
「会社四季報が出るたびにを全銘柄を丸々チェックする」という方もいらっしゃるようですが、
そんな方にこそ、ぜひシステムトレードを薦めたいと思います。
今まで裁量トレードをしてきた人にとって、システムトレードは別段新しい概念でもないはずです。
今まで自分で処理してきた投資法を、システムに任せる。
そうすることで正確性を向上し、同時に人間心理を排除する。これだけのことです。
裁量トレードで今まで勝ててきたという人は、心理的に強い人であると思います。
心理的に弱い人は、裁量トレードではまず勝てません。
どれだけテクニカルを学んでも、実際のシグナルとは逆のことをしてしまうからです。
裁量で勝てる人というのは、自分の決めたルールに完全に則って投資が出来る、心の強い人なのです。
しかし、誰しもが「鉄の心臓」を持てるわけではありません。
私は、投資における才能がある人は、「チャートを見て一発で買いポイントを見抜く」とか、
そんなものではないと思っています。
「どこで買いを入れるべきか、どこで売りを入れるべきか」
これについては、テクニカルやダウ理論を学べばある程度の目安を建てることはできるようになります。
問題は、心理です。
投資の才能がある人というのは、「心理的に長けている人」だと思います。いわば「鉄の心臓を持つ人」です。
自分の決めたルールに従って買いをいれ、朴訥に売りを入れる。株価が上がっても、下がっても、一切動じない。
ルールだけに従ってポジションの開閉を行う。そして、それを長期間にわたって繰り返すことができる。
こういう人こそ、本当に投資の才能があると思うのです。
私が知っているいくつかの天才投資家は、ほぼ全員が「鉄の心臓」を持っていました。ルールに則った投資を行うことができ、
やや人間離れしている、といってもいいでしょう。一般人がこれを身に着けるのは、至難の業です。

 

 


 


一部の証券会社が提供している「シミュレーション投資」というものがあります。
はじめに架空のお金を1,000万円もらいます。その1,000万円を使って、投資で増やしていくゲームです。
証券会社が提供する投資ソフトを使って、本番さながらのトレードを行うことができます。
「シミュレーションで勝てれば、本番でも勝てますよ」なんていう人もいますが、それは大いなる誤りです。
「シミュレーション投資」は、あくまでも「シミュレーション投資」です。
どれだけ自分が買った株価が下がろうが、自分のお金ではないのですから、「対岸の火事」なのです。
映画のワンシーンで子供が崖から落ちそうになっているのと、
愛するわが子がマンションのベランダの手すりから落ちそうになっているのとでは、その切迫感は変わってくるでしょう。
「シミュレーション投資なら勝てる」という人は、けっこういるのではないでしょうか。
「シミュレーションであれば、一億円を十億円に出来た」という人もいるでしょう。
ですが、それは、自分のお金が関わっていないからです。

 


あなたは砂漠を歩いています。目的のオアシスは目の前、あと少し。
二本の足で。しっかりとした足取りで、あなたは歩いていきます。何も怖くありません。
あなたは優雅に歩いています。
ですが、たった一言の言葉で、あなたをその場にしゃがみこませ、
パニック状態にして、腰抜けにさせ、歩けなくすることができます。
遠くで、一人の老人が叫びます。

 


シミュレーション投資でどれだけ勝てても、相場では勝てません。
相場に自分のポジションを置いた時点で、投資金額が高くなるにつれ、正常ではいられなくなります。
たとえば、自分の持っている資金が2000万円だとします。
子供の学資保険、マイホームのローン…いろんなことが頭に浮かんできます。
株価が一円下がるたびに、10万円の損失が出ます。もしも、この株価がここまで下がれば…。
疑心暗鬼になってきます。
まず冷静ではいられないでしょう。
手のひらから汗が噴出し、マウスが汗ですべります。
相場が下がるたびに、指が震えて、クリックができないほどのパニック状態になります。
ここで、まったく動じず、地雷があろうがなかろうが、パニックを起こさずに、
ある程度のリスクヘッジを持ちながら、進んでいくことができる。

 


私は凡人なので、地雷の存在を知るやいなや、その場に完全にしゃがみこんでしまいました。
何の方策もとらず、ただガクガク震えていただけです。
そしてパニック状態になり、何を思ったか全力疾走、地雷が爆発。
200万円の大損をしてしまったのです。(要するに、損切りができず、おまけにナンピンまでしてしまったのです)
「シミュレーション投資」がまったく意味がないとまではいいませんが、
投資は自分のお金を相場において、はじめて始まるのです。
どれだけシミュレーション投資で勝てたからといって、本番で勝てるとは限りません。
自分のポジションを置いた瞬間、状況はガラリと変わります。
株価が下がれば、もはや対岸の火事ではありません。
自分の家が燃えているのです。わが子が崖から落ちそうになっているのです。

 


「シミュレーションでは勝てても、本番では勝てない」ここでも、やはり人間心理が邪魔しているわけです。
システムトレードの有用性というものは、どんな凡人でも、
「心理的才能」を身に着けることができる。「正確性」と「鉄の心臓」を持つことが出来るのです。
システムを使えば、
エクセル上に「勝率・利益率」などが数字で著されるわけですから、安心感も違います。
システムトレードの有用性がわかっていただけたでしょうか。
『じゃあ、こないだネットで見つけた、勝率99%のトレードシステム!」を69,800円で買おう!』
おっと、待ってください!



もともと、人間は怠けたい生き物です。
車、携帯電話、パソコンと、怠けるためにいろいろなものが生み出されてきました。
彼らは、「株式投資」の世界でも楽がしたいようです。
巷で売られているシステムが、「ここ二年間で負けがありません!」とのうたい文句をつけているとします。
ですが、ここ2年間勝てていただけで、今後二年間どうなるかはわかりません。
市場の流れが変われば、そのシステムは使えなくなってしまいます。
最近はシステムトレード関係の商材もたくさん売られています。
こういった商品の購買者は、プログラミングが苦手で、自分でシステムを組むことができない人が大半でしょう。
ですが私は、逆説的にはなりますが、

 

と思うのです。

なぜか?
それは、システムの仕組みを知らなければ、システムの優位性を確かめることができないからです。

 

 

 

 

 


ずっと勝ち続けることが出来るシステムは、存在しません。
たとえば、日経平均がずっと上がっている状態では機能していたシステムが、
日経平均が下がり始めれば機能しなくなる。
たとえば90年代、
「失われた10年」の下げ相場で機能していた空売りのシステムが、2008年の現在にも全く同じように機能するでしょうか?
相場は生き物です。カメレオンの肌のごとく、絶えず変化していきます。
それにあわせて、システムも構築し続けなければならないのです。
つまり、自分でシステムを組めず、他人のシステムに依拠するしかできない投資家は、
たとえば5万円で買った高価なトレード・システムが機能しなくなった場合、またシステムを探して、買わなければならない。
未来永劫、ずっと勝ち続けることができるシステムなど存在しないのですから、
自分でシステムを組めなければ、ずっとシステムを探し続け、高価なシステムを買い続ける必要があるわけです。
自分でシステムを探す場合の問題点は、本当に使えるシステムと、初心者をだますトラップ的システムとの
差別を、自分で行わなくてはいけない点です。

 


たとえば、システムトレードではなく裁量トレードの商材にもよく見かけますが、
「何も知らなくても大丈夫!シグナルにしたがって買えばいいだけ!」
「勝率99%のトレードシステム!スペシャルFX!」69,800円
こういった商品には、タイトルからして疑ってかかるべきでしょう。
株式投資を知らない、およびシステムトレードを知らない初心者の方が「勝率99%」と聞くと、
最高の投資法だ!最高のシステムだ!と飛びついてしまうかもしれません。
インターネットでは、トレードシステムが無数に売られています。そのほとんどが、数万円します。
私はこういった商品のほぼすべてを、否定しています。

私の商品では、システムを売りません。

 

システムの作り方を教えます。

 

 

「勝率99%の投資法&システム!」を謳った商品が
「砂上の楼閣」であることは次の三点で簡単に証明することができます。

@「永遠に儲け続けることのできるシステムなど存在しないから」
A「カーブフィティングを行えば、小学生にでもシステムは作れるから」
B「システムが世間に出回れば有用性が減るから」
それぞれを系統立てて、ひとつずつ説明していきましょう。

@「永遠に儲け続けることのできるシステムなど存在しないから」
インターネットでは、「99%勝てるトレードシステム」などという商品が売られています。
「勝率99%」魅力的な数字に聞こえます。
ですがこれは、投資の上級者になれば、まったく魅力的な言葉ではありません。
投資における勝率は、ほとんど問題ではないからです。
1回の勝ちが大きければ、99回負けてもいいわけです。
99回買っても、一回の負けですべて吹っ飛びます。勝率は、問題ないのです。
プロ野球などスポーツとは違い、システムトレード、および株式投資に関して言えば、
勝率にこだわる必要はあまりありません。
もちろん勝率が高いに越したことはありませんが、もっと重要なのは、当然ながら、利益率です。
株式投資はスポーツではありません。別に何回勝とうが何回負けようが、どうでもいいのです。
目的はただひとつ。いかに利益を出すか、それだけです。

ここに、
勝率99%のシステム「A」と、勝率1%のシステム「B」があったとして、
どちらが優れたシステムでしょうか?

 

 

どちらが優れているか、これは勝率だけでは推し量れません。
トレードシステムでは、勝率よりも、利益率が必要なのです。
勝率が99%の場合、100回取引をすれば一回は負けるわけです。
99回の勝ちがすべて小幅な勝ちであって、
1回の負けがNY9.11テロや、ライブドアショック、サブプライムショックのような大きな負けならば、
今までの小幅な99回の勝ちをすべて吹っ飛ばすわけです。
裏を返せば、仮に勝率が1%の場合でも、
たった1回の勝ちが99回の負けをカバーするほどに大きな勝ちで、
100回の取引を計算して結果的に利益が上がっているのならば、
それで万事OKなのです。
ただ、「FXで勝率99%のシステム!」という商品が、
驚くべきことに、「ストップ高連発の大幅な勝ちが99回、小幅な負けが1回」の
超優良なシステムであったらどうでしょうか?
そんなものがあれば私は一億円借り入れてでも買いますが、

 

 

今回、こういった夢のようなシステムを、「魔法の杖」と呼ぶことにします。
まあフォークロアに近いお話しなので、こういった名称が妥当かと…。
ダメシステム販売業者「違ぇーよ!俺のシステムは、勝率99%の上に、利益率も高い、魔法の杖なんだよ!」
こういった反論が出てきました。ではこれも論破しましょう。

Aカーブフィッティングを行えば、誰でも魔法の杖は作れる
カーブフィッティングとは、都合のいいデータだけを持ってきて、データの検証を繰り返し、一時期だけをつむぐ。
そういった、いわば愚か者がする行為です。
システムを組んだことがある人なら、もしくは懸命なテクニカル分析をしたことがある人ならすぐにわかると思いますが、
優れた(ように見える)システムは、カーブフィッティングを行い、条件を設定すればいくらでも作ることができるわけです。
たとえばある銘柄(日経平均先物でも、USD/JPYでもいいですが)の、
一年間のデータだけを取り出し、売買回数をできるだけ少なく設定する。損切は設定しない。
ここでは仮に、「年に2回トレードを行う」としましょう。ほか条件を細かく設定していけば、
すべての売買で勝てる瞬間は必ず存在する。利益率は少なくてもいい。
極端な話、利益率はたった0.01%でもいい。とにかく、一年間で2回勝てる瞬間が見つかればいいわけです。
これで勝率100%のシステムの完成です。

 


一年で二回しか売買できない、しかも利益率はたった0.01%。つまり一年間に二回のチャンスをずっと待ち続けた挙句、
ようやく訪れたシグナルが出してくれた利益はすずめの涙…、おっと、その利益は売買手数料で吹っ飛びます。
さて、そんな「魔法の杖」、あなたは使いたいですか?
このような「使うに値しないシステム」であっても、
「勝率99%以上」と呼ぶことができます。言葉の上では誤りではありません。
「違う!俺のシステムはカーブフィッティングなんか行っていない!
しかも、この半年間、ずっとリアルに勝ててるんだ!」

そうですか。では、最後に矛盾点、三点目です。

 

 

B「システムが世間に出回れば有用性が減るから」
どこかの世界に天才投資家兼プログラマーがいて、彼が「魔法の杖」を組めたのならば、
それを決して誰にも売ろうとは思わないでしょう。
なぜなら、「魔法の杖」は売れまくるからです。
いずれ、世界中のすべての人が「魔法の杖」を使った投資を行うでしょう。
するとどうなるか?もうわかりますよね。
「魔法の杖」を使って投資をする人が増えると、
製作者自身、および購入者の先行利益が徐々に逓減していきます。
結果的に、機能しなくなるわけです。ならば、魔法の杖を誰にも渡さず、自分だけで利益を享受したほうが良い。
ですから仮に、その夢物語的な、勝率99%のシステム、「魔法の杖」が存在したとして、
それが市場に出回った場合、そのシステムはすでに「先行者利益が逓減した後」である可能性が高いわけです。
つまり、あなたの手元に「FXで勝率99%のシステム!」が届くころには、
すでにそれはもう「勝率99%をたたき出すことは出来ないシステム」に
なっている可能性が極めて高いということです。

 

 

「魔法の杖」などではなく、ただの「さびた杖」に変わっている、ということです。
勝率99%・年率200%のシステムなど存在しないことがわかっていただけましたか?
さて、以上の4点から、
「FXで勝率99%のシステム!」という名前の商材は、
システムトレードのことを知らない人が作ったシステム、
もしくは「すでに機能しなくなったトレードシステム」であり、
その存在目的は、
「システムトレードのことを知らない初心者をだますための商材である」
という結論が導き出されるわけです。

 

 

「FXで勝率99%のシステム!
「今後数百年にわたって、何の改良も加えずに、年率200%を維持し続けるトレードシステム」

そんなものは存在しないのです。
そんなものは存在しないのです。
そんなものは存在しないのです。
そんなものは存在しないのです。
そんなものは存在しないのです。
そんなものは存在しないのです。

 

もう一度言います。

 

「FXで勝率99%のシステム!
「今後数百年にわたって、何の改良も加えずに、年率200%を維持し続けるトレードシステム」

そんなものは存在しないのです。
そんなものは存在しないのです。
そんなものは存在しないのです。
そんなものは存在しないのです。
そんなものは存在しないのです。
そんなものは存在しないのです。

 

私が長々、この手紙の中でいいたかったのは、これです。

魔法の杖は存在しない。コツコツ知識をつけろ。

 

 

 

 



アメリカの投資のプロフェッショナルの言葉です。年に何百億ドルを運用する人ですら、
「年率25%いけばいいほうだ」と言っているのです。(マーケットの魔術師「システムトレーダー編」より)
それでも「投資後進国」の日本では、粗悪なシステム販売業者が初心者の金を盗もうと、
魑魅魍魎のごとくはびこっています。
たとえば、「年率200%のトレードシステム!」299,800円。
高価なお金をはたいてこのシステムを買ったところで、
購入した時点では、すでに機能していないのかもしれません。
株式投資のことを知らなければ、システムトレードの仕組みを知らなければ、
「現在の優位性」を確認することすらできないのです。
わかりますか?

 

 

「俺はパソコンが苦手だから、システムトレードなんか自分で作れない…」
だからって、人の作ったシステムに依存するんですか?
人の作ったシステムに頼ることで、あなたは投資家としての自我を人にゆだねることになる。
しかも顔も見たことのない相手のシステムです。
人のシステムに依拠した時点で、あなたは自我を失ったことと同じです。
投資家ではありません。
勝つことも絶対にできません。勉強することもしなくなるでしょう。投資家失格です。
はっきり言いますが、システムを作った人は、あなたが勝とうが負けようがどうでもいいのです。
システムが売れたらそれでいいのです。
年率200%が実現しようがしなかろうが、システムが売れさえすればそれでいいのです。
「年率200%」の時点でウソなのですから、そういうことを書いている人の商品は一切買う必要はありません。
なぜなら、商品説明の時点でウソを書いている人は、商品もウソだらけに決まってるからです。
繰り返しますが、「一生年率200%のトレードシステム」は存在しないので、買わないようにしてください。
「唐突な穴」は必ずやってきます。
ファンダメンタルズ的な大事件が起こった日はシステムを切る瞬間なのですが、
何も勉強してこなかったあなたはのうのうと他人の作ったシステムを立ち上げ、相場に一瞬で殺されることでしょう。

 


投資家としての自我を見失い、成長もせず、勉強もしない。
目を覚ましてください。
テクニカル指標の仕組みもわかっていて、ファンダメンタルズの知識もあり、
さらにシステムを自分で組むことができる上級者が、巷のシステムを買う。
これは問題ないでしょう。というのも、そのシステムに対して自己判断が下せるからです。
そもそも上級者の方はそんなものに頼らず、自分でシステムを組むでしょう。
私の知っている、何十億と稼ぐ投資家は、みな自分でシステムを組んでいます。
100万円から初めて5年で100億円稼いだB.N.F.さんが、
ネットで買ったわけのわからないシステムで投資をすると思いますか?
システムトレードの神、ラリー・ウィリアムズが、ネットで「○○投資法」というシステムを買うと思いますか?
ウオーレン・バフェットが、ネットでシステムを買って投資をすると思いますか?(まあ彼はバリュー投資家ですが…)
目を覚ましてください。
他人のシステムに依拠した時点で、あなたの投資家人生は終わりです。
あなたは、自分でシステムを組むべきなのです。
システムを組めるようになるまでには、テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析、
それからプログラミングの知識が必要になってきます。
ですが、自分でシステムを組めるようになったとき。
それは、あなたは相場という大海に臨んでもいい切符を手に入れたことと同じです。

 

 


初心者です。
テクニカル指標の仕組みを知らない、ファンダメンタルズの知識もない、
システムを自分で組むことができない初心者の人です。
こういった人がシステムに手を出すのは、非常に危険なことです。
はじめはシステムのシグナルが機能して、勝てるかもしれません。
しかし徐々にシステムが破綻をきたしてきます。これは絶対です。
システムの具合がおかしくなってきても気づくことができない。
ただ自我を人の作ったシステムにゆだねて、バックテストも行わず、延々損を出し続ける。
ここまでくれば、もはやシステムトレードではなく、一種の宗教といっしょです、自我を失っているという点で。
いずれは大怪我をすることになるでしょう。
そのときの怪我は、システムに頼り切って慢心している分、とんでもない額になるでしょう。
繰り返しますが、未来永劫稼ぎ続けることができるシステムなどありえないのです。
しかし、自分で試行錯誤を重ねれば、改良を続けていけば、そういう環境を作ることは可能です。

 


自分でシステムが組めたら、もう高価なトレードシステムなど買う必要はありません。
この商品は、「年利○%増加」だのそういう商品ではありません。
トレーダー自身が自分でシステムを組めるようになるまで手助けをする商品です。
この商品の最終目標は、稼げるようになることではありません。
「この商品を見れば○億円稼げます」「この動画を見れば○○%の利率になります」
私はそんなこと口が裂けてもいえません。
書店の、株式投資コーナーに行ってみてください。
初心者向けには「○億円」「○%」という言葉が踊っています。
たいてい内容は薄っぺらく、ちゃちで、初心者向けのものです。
「ローソク足が出たら買い」とか適当なことが書いてあります。ああいう本が一番危険です。
私はそれで何百万円と損を出したのですから。

 


 

 

上級者向けの、数多くの投資家に選ばれ、何年も語り継がれているような本は、
派手な装丁もなく、本棚のすみでひっそりと売られています。
しかし内容は思慮深く、本当に役に立つ情報ばかりが載っています。
「「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」」の最終的な目標は、「システムトレードができるようになる」ことですが、
そこにいたるまでには数々の能力が必要になります。
前述のとおり、「MACDがシグナルを上に抜いたら買い」というシステムを
組む場合にも、まずMACDの意味を知らなければ話になりません。
「グランビルの法則の買いの2番に該当したら買い」というシステムを組む場合にも、
グランビルの法則の概念を理解していないと意味がありません。
まずはテクニカル指標の概念を理解しておく必要があるわけです。

 


というのも、ばら売りできる動画ではないからです。
投資家は、そのすべてを身に着ける必要があるからです。
「テクニカル分析だけでいいや…」だめです。
「システムを学ぶだけでいい…」だめです。
すべてを一気に学ぶ必要があります。
先物、空売り、現物株の仕組み…こういった概念についても解説をしています。
株式投資の概念を学び、次にファンダメンタルズを学び、
次にテクニカル分析を学び、最後に総決算としてシステムトレードの作り方を学ぶ。
そしていよいよ、相場に乗り込むわけです。
私は、私と同じ経験をあなたにしてほしくありません。
勘や、適当な本を読んだだけでいきなり投資を始める。
こういうことをすれば、100万円くらい一気に吹っ飛びます。
私はデイトレードで300万円をふっ飛ばしました。

 


私はシステムトレードで、恒常的に勝つことができています。
システムは、エクセルで自分で組みました。
高価なソフトなど使っていません。ごくごく簡単なシステムです。
私は、他人の作ったトレード・システムを妄信して、
自分の資金管理をそれに託すことなど、恐ろしくてできません。
相場は、生きています。1980年から2008年までの間でも、
1980年代後半のバブル、1990年代の不景気、2003年の日経平均反転…、
いろいろなことがありました。
100年前に作られ、一切の改良を加えず、それでも今までずっと利益をもたらし続けてくれたシステム、

 


永遠に利益をもたらし続けるシステムなど、存在しません。自分でバックテストを行うこともできないのに、
他人のシステムに依拠するのは恐ろしいことです。
なぜなら、「チーズがすでに腐っている」ことに気づけないからです。どういうことかわかりますか?
あなたがとあるシステムをネットで買ったとします。
はじめは、このシステムがうまく機能し、利益をもたらしてくれました。
このとき、チーズは新鮮です。
しかし、徐々に勝てなくなってきました。新鮮だったチーズが、腐り始めてきたのです。
ここでシステムの知識を持っている人ならば、バックテストを行い、システムの欠陥を探すでしょう。
システムが完全に機能しないのなら、あきらめてもう使わない。
もしくは、自分なりに改良を加えるかもしれません。システムを組む能力があれば、
システムが機能しないことを理解できる、システムに改良を加えることができます。
チーズが腐っていることを嗅ぎ分けることができ、チーズを新鮮な状態に戻す努力ができます。
しかしシステムの知識がない人は、その欠陥を探すことができない。改良を加えることもできない…。
そうなると、選択肢はひとつ。「腐ったチーズを食べ続ける」だけです。

 


おなかを壊す…、つまり「相場で莫大な損失」を出すということです。
自分でシステムを組める人、組めない人で、ここにも格差が生じてきます。
お金、いわば自分の衣食住をまかなう「命の水」を、
顔も見たことのないような見ず知らずの他人が作ったシステムに依拠する。これは恐ろしいことです。
私は、自分でシステムを構築できない人が、他人のシステムを買うべきではないと思います。
「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」では、システム自体・投資手法自体は売りません。私は、皆様に「儲かるシステム」などは提供しません。
私が皆様に提供するものは、「システムを組むことができる能力」です。
ですので、「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」を、あなたに年率300%の利益をもたらす「魔法の杖」だなどと、
決して思わないでください。そもそも「魔法の杖」の存在を信じる方は、
短期間で相場から撤退することになるでしょう。
魔法の杖など存在しない、絶対に勝てる投資法など存在しない、
ここから出発してください。受験勉強も、スポーツも、投資も、基本は同じ。
コツコツ学んだものが勝つのです。
「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」では、システムを自分で組むことを学んでいただきます。
それがどれほどの利益をあなたの投資ライフにもたらすか、わかるでしょうか。

 


相場は生き物。つまり、システムも生き物。
絶えず修正をし続けなければならないが、システムの仕組みを学ぶことで
他人のシステムに依拠することの危険性を事前に回避する、
トレードシステムを組めるということは、それ相応の知識がついたということです。
システムを組むのに必要なものは、

・プログラミングの知識
・株式投資の知識

この二つです。どちらか一方がが欠けても、システムを組むことはできません。
ここに一人の天才プログラマーがいたと仮定します。彼のプログラミング能力は神業で、
どんなシステムでも、完璧なものが作れます。しかし、彼は株式相場のことはまったく知りません。
そこで彼が組んだシステムが、「株価の天井で買い、底値で売る」というものだったらどうでしょうか。
彼のシステムが機能すればするほど、損を出すことになります。
ですから、プログラミングの知識に加えて、株式投資の知識も必要なわけです。
それを両方ともに学べるのが、この「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」なのです。
システムの構築法を学んだあとであれば、他人の作ったシステムを購入することも大いに結構だと思います。
なぜなら知識があるならば、以下のような検証を自分で行うことができるからです。

・購入したシステムのバックテストは、いつからいつまでの期間を計測したのか?
・購入したシステムは、損切ラインを設定しているのか?
・購入したシステムは、今後何年くらいこの勝率を維持し続けられるのか?
・果たして現在の相場で、このシステムは本当に有効性を持つのか?

以上の検証をすることもせず、
「インフォトップやインフォカートでよく売れているし、何万円もするんだから、よいシステムに違いない。
自分で検証なんてする必要はない!疑う余地もない!」
こういった考えでシステムを購入し、システムを妄信してトレーディングをするのであれば、
おそらく大きな痛手を被ることになるでしょう。
何の疑いもなく、ただ売れている・人気があるからという理由だけで
トレーディング・システムを買い、崇め、奉り、投機する。
これはもはや、カルト宗教の一種と言って過言ではありません。

 





私が常日頃感じていたのは、
「なぜ、ネットで売られている投資系商材は、他人の作ったトレードシステムばかりなのか?
なぜ、もっと株の基本からじっくり教えて上級者に押し上げてくれるような、
自分でトレードシステムを組んでいく方法を教えるような、
そんな教材がないんだ?」ということでした。

これが、私が「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」の製作をはじめたきっかけになりました。
パンローリング社から発行されている、「投資苑」という本があります。
投資の本質から始め、テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析、投資心理まで
幅広く学ぶことができる本で、世界中の投資家にバイブルとして用いられてきました。
私は「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」を、あの名著に取って代わる、「動画による投資苑」、「動画投資苑」と呼びたいと思います。
冒頭でも述べましたが、「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」では、株式投資の基本的な部分から初めて、
上級者テクニックまで、幅広く学ぶことができます。
「投資苑」と違うのは、「すべてが動画である」、という点です。

 



「お金がない、まったくの初心者」
「知識がぜんぜんない。カブってなに?という初心者」
「テクニカル分析を学んだけど、勝つことができない中級者」
「投資経験が長く恒常的に勝てているが、システムを組みたい裁量トレーダー上級者」
「プログラミングが弱いので、たくさんのプログラミングを学びたい方」
「javaやExcel VBAなど、プログラミング言語を学びたい方」
「10万円の資金から、億万長者になりたい方」
「パチンコで毎月20万円スっていて悔しい方」
「競馬で何十万円も負けている方」
「本を読むのがめんどくさい、動画で解説してほしい」
初心者から上級者まで、投資にかかわるすべての方に、この商品はおすすめできます。

 


弊社では「動画でわかるシリーズ」としまして、主にソフトウェアの使い方を販売してきました。
非常に好評を受けています。
その動画製作ノウハウを株式投資で行ったのが、この商品です。
株式投資の本では、「A点がブレイクした跡にB点が…」など、
どこがA点でどこがB点なのかわからないことが多々あります。
さらに、「図14をご覧ください」といわれ、図14が2ページ先ということもよくあります。
動画の場合こういったことはありません。
目の前にチャートがあり、色つきのマウスでクリックをしながら、
声で解説していきますので、目の前でプロの投資家に教えてもらっているような感じを思い浮かべていただければ結構です。

 


あなたが現物をやりたいと思っていても、FXや先物をやりたいと思っていても、
この商品はすべての相場に対応することができます。なぜならば、移動平均線やMACDといったテクニカル分析はどの相場でも対応できる、普遍的なものだからです。
ですから、あなたがFXをしたいと思っていても、先物をやりたいと思っていても、いずれにしても、十二分に対応することができます。動画講義では主に現物 のチャートを使っていますが、ブレイクアウトや一目均衡表など、紹介している手法はすべてどんな相場であってもまるっきりそのまま使えますので、ご心配さ れる必要はありません。
前置きが、かなり長くなってしまいました。
いよいよここから、商品の具体的な内容について解説をしていきます。

 


実際のセミナーとは違い、パソコンにインストールする形ですので、ネット環境はいりませんし、
何度も見ることができますし、忙しい方も学校に通う必要はありません!
会社のパソコンにインストールして見る琴ことだってできます(笑)
日本中、いや世界中の、どこででも、一生見ることができます!
カフェでも、山奥でも、海沿いでも、ニューヨークはエンパイアステートビルの頂上でも(笑)、
私、黒岩ヒロトの講義を受けることができるわけです!
使用期限などは一切設けていないので、あなたは未来永劫、ずっとこの投資セミナーを
受け続けることができます!
そして、この「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」は、10年後、20年後にも、きっと何度も見直したくなる、
永遠のバイブル、まさに「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」になることでしょう!
また、営利目的でない限りは、複数台のPCにインストールしていただいてもかまいません!
ただし、個人使用のみにしておいてください。

 


まったくの投資初心者の方でもわかりやすいような講義を心がけたつもりです!
動画の順序どおりに進んでいただければ、きっと最後にはシステムトレーダーになれます!約束します!

 


  • 自分で、エクセルを使ってシステムが組めるようになります。
  • 100年前から受け継がれていて、今後100年も決して廃れることのない
    テクニカル分析の数々を身につけることができます。
  • FXに限らず、現物株、先物、外国株など、あらゆる相場に対応できる知識が身につきます。
  • 人任せにせず自分でゼロからシステムを組むことで、
    システムトレーダーとしての発想が養え、上級者になれます。
  • JavaやC言語などプログラミングの基礎を学べるので、もっと複雑なシステムを
    組むための力が養えます。
  • 投資論理が身につき、システムを組む力も身につきます。
  • 100時間、すべての講座が動画で解説されているので、本とは違って、挫折することなく、わかりやすく学習を進められます。

 

真のシステムトレーダーになるための方法をすべて詰め込んだDVDを、初公開します。

数年前のデイトレードブームから始まり、今も間違った投資手法が巷に蔓延していますが、

まだまだ正しい投資手法は知られておりません。

もしあなたが、他人のシステムに依存する生活をやめて、

自分で投資について学び、自分でシステムを組みたいなら、

今までの負けを取り返したいなら、この教材にトライしてください。

DVD一枚に、100時間の投資理論とトレードシステム構築講座のすべてを詰め込みました。

 

 

それでは、いよいよ、

「一億円システムトレーダー養成講座」の講義内容をご紹介しましょう。

 

私がシステムトレードで利益を上げ続けている、その方法を、すべて伝授します。

動画授業は、すべて、フラッシュ動画形式になります。

動画は100時間になり、非常に膨大です。

ですので、講座内容のご説明がかなり長くなってしまうことをご了承ください。

 


 

 

 

 

この章では、じっくり、株式投資の仕組みを勉強していきます。
ここで、言葉をたくさん身につけてください。
このセールスレターを読んで、ちんぷんかんぷんだった人も多いかと思います。
ローソク足?移動平均線?FX?
そういった、ごく基本的なことをじっくり解説していきます。
いわば土台、基本ですから、しっかり学ぶようにしてください。

 


 

 

 

 

ソフトにはいろいろとお勧めのものがありますが、
この商品では、マーケットスピードの使い方について解説をしています。
なぜ私は数ある証券会社の中から「楽天証券」を選び、マーケットスピードの教材を作ったのか?
それは、大多数の勝ち組投資家が「マーケットスピード」を使っているからです。
動画を見ていただいたと思いますが、BNFさんが代表的なマケスピユーザーです。
先ほど例に挙げた三村氏、hiroppi氏、そして100億円のBNF氏、

彼らがみな「マーケットスピード」を使っているのです。
投資を成功させる何か秘密が、マーケットスピードにはあるのかもしれません。
さらに、マーケットスピードには、RSSという機能がついています。
リアルタイムスプレッドシートと呼ばれるものですが、この機能があればシステムを組むときにいろいろと役に立つのです。
というわけで、マーケットスピードの使い方を重点的に解説させていただきます。
ほとんどのソフトウェアが使い方が似通っているので、あなたがイートレード証券を使っていても、ひまわり証券を使っていても、どの証券会社を使っていても、この動画から得るものは大きいと思います。

 

 


いよいよテクニカル分析に関して学んでいきます。
ここでは、ローソク足、移動平均線、グランビルの法則など、
ごく基本的なことを学びます。基本がすべてです。
ここで学ぶテクニカル分析の手法は、デイトレ、スイング、株式、先物、FX、すべての投資に使えます。
もちろん、ここで覚えた手法を、そのまま使ってはいけません。システムで検証するために、覚えるのです。
システムを組みたいときに、「MACDって何だったっけ?」という状態では話にならないのです。
ですから、ここで、テクニカル分析の基本中の基本を身に着けてください。
ローソク足、出来高、ゴールデンクロス、グランビルの法則、移動平均線。
あなたがこの中でひとつでも説明できないものがあったなら、投資をするのはやめておいたほうがいいです。

 

 


これは、第三章とかぶる部分が結構あるのですが、ひとつずつの動画時間が短いのです。
ひとつの項目を、一分〜二分程度にまとめています。
ですから、これは「包み足ってなんだっけ?」とか「ゴールデンクロスってどういう意味だっけ?」
という時のための、逆引き便利時点として使ってください。


会社四季報の使い方について見ていきます。perや、外国人持ち株比率など、
そういったファンダメンタルズと呼ばれる部分について学んでいきます。
ここは現物株のみの説明になっていますのでご容赦ください。


さらに、実際にデイトレーディングを行っている場面を見ることもできます。
デイトレードとはどういったものかを説明している動画で、何億動くところを見せるとかそういったダイナミックな動画ではないです。
投資額は少ないですが、ネットトレーディングがいったいどういうものなのか、
デイトレードがどういうものなのか、知ることができるでしょう。
巷にあふれているデイトレード本を買うよりも、
実際にマーケットスピードを使って取引をしているところを見るほうが何倍も臨場感があって得るものも大きいに決まっているからです。

さらに、ソフトバンクの一日の板情報&ローソク足を録画したものも収録しています。
これを見て、デイトレードがどういったものかを、実感してみてください。


 

 

 

第3章では、テクニカル分析の基本を学びました。
この第7章では、もっと突っ込んだテクニカル分析について学んでいきます。
トレンドフォロー型指標、オシレーター系指標の使い方についてです。
もちろん、FX、現物、先物、いずれにも対応できます。
初心者の方が見るものではありません。これまでの授業をしっかり見て、この第7章に望んでください。


 

 

 

 

 

いよいよ、実践的な講義になって参りました。
実際のチャートを見ながら、今まで学んできたテクニカル指標を使って見ましょう。
これも、初心者が見るべき動画ではありません。きちんと、基礎を学んでから望んでください。


この授業は、ややファンダメンタルズ的なアプローチとなっています。日経平均と現物株の関係などについて学びます。さらに、ダウ理論についても学びます。


ファンダメンタルズ的なアプローチです。外国人投資家の動向が、日本市場にどのような影響を与えるのか、それを解説します。


 

 

 

ようやくここまでたどり着きました。
この講義は非常に長いですが、この講義を終えた後、
あなたはようやく、投資の世界に足を踏み入れた状態になったといえるでしょう。
今までの講義の総ざらいをして、さらに突っ込んだ講義をしていきます。
この講義を終えれば、間違いなく力がついたと実感できるでしょう。

これで、第一部は終了です。

 

 

まだ終わりじゃないんですよ。

ここまでの講義で、十分DVD代金のもとはとれたかと思いますが…

ここからが本番です。

 

はじめにお約束していたとおり、

第二部から、いよいよシステムを組んでいきましょう。

 

今までに習った投資理論を、

システムに組み込んでいきましょう。

 

ようこそ、第二部へ。

さあ、システムトレーディングの世界へ。


 

 

数十時間にわたって、マイクロソフト・エクセルの使い方について解説をしていきます。



ここは、ひとまずとばしていただいてもかまいません。
これは、エクセル以上のソフトウェアを使ったシステムを作りたい人のための口座です。java,C言語、visual basicなどについて数十時間にわたって解説をしています。javaとC、VBに強くなっておけば、ほぼすべてのシステムソフトに対応できます。ですがやはり上級者向けですので、ここは飛ばしていただいてもかまわないでしょう。
この機会にプログラミングを学んでおきたいという方はぜひ学んでおいてください!

 

 


いよいよやってきました!「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」の最終授業です。
実際に、一からシステムを組んでいきます。
はじめは、エクセルを使った、ごく単純なシステムから組んでいきます。
そして徐々にレベルを上げていき、最終的には、やや複雑なシステムを組んでいただきます。
授業を終えるころには、自分の力でシステムが組めるようになっているはずです!

 

 

あなたは、投資で毎回どの程度の損失を出しますか?
今までで出た、もっとも大きい損失額はいくらですか?

もしあなたがフリーターの場合、生涯年収は5000万円とされています。
死ぬ気で働いて、たった5000万円です。
投資の世界であれば、わずかな期間で5000万円を稼いでいる人はいくらでもいます。
もしあなたがニートの場合、生涯年収は…ゼロです。
ですが、先にも言ったとおり、株式投資で成功できる可能性がもっとも高いのは、
フリーターやニートの方々です。

非正規雇用者は、いますぐ投資の世界に飛び込むべきです。

普通にこの「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」に含まれている情報量を本でそろえようとすれば、
まず100万円はかかることだと思います。

しかも、「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」はすべて動画によるセミナー講義です。
投資のセミナーを100時間受けると考えてみてください。

投資関連のセミナーは異常なまでに高額で、二時間の講義が5万円という相場がザラです。
単純に考えると、
一時間2万五千円×100=
250万円の価値があると考えてもいいでしょう。

さらに、動画を体系的に学んでいけば、システムトレーダーへの道を、確実に歩むことができるのです。

くだらない本に無駄なお金を払うこともありませんし、くだらないテクニックに、
無駄な回り道をすることもありません。

投資で、たった5分のデイトレードで100万円を失うか。

それとも、そのお金で「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」を買うか。

考えてみてください。

真のシステムトレーダーになれば、「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」に払ったお金など、簡単にペイできます!

さらに、システムトレーダーになれば、システムを販売する側に立つことができます。
システムをほしがっている人はたくさんいますし、あなたの作ったシステムが何本かでも売れれば、これで教材費は十分にペイできます。

私は7年もの長期間と、300万円の損失を払ってようやくシステムトレーダーになりましたが、あなたは7年もいらないし、300万円もいらないのです!
アナタに必要なものは、この100時間の動画を受ける三ヶ月程度の時間。
あとは熱意。それだけです。

解説を重点的に行っているのは、テクニカルとシステム構築です。

当然ながら、テクニカルを知らなければシステムを組むことはできないのです。

さらに高度なシステムを組むにはプログラミングの知識が必要になってきますが、
そういう方のために、弊社ヒット商品、
「動画でわかるプログラミングプレミアム(19800円)」を付属しています。
さらに、動画でわかるエクセルプレミアム(4980円)も付属しています。

これらがすべて入ってのお値段です。

安すぎるとしかいいようがありません。

いいですか、プログラミングを学ぶだけでも、学校で学べば最低でも20万円はかかるんです。
それを学ぶことができるんです。
さらにシステムを自分で組むことができるようになる。
このことが、投資家にとってどれだけプラスのことかわかりますか?

私が知っている投資家は、みんな自分でシステムを組んでいます。
システムを組めれば、もはや勝ちは見えています。

テクニカル指標の解説に30時間、
システムの組み方に30時間を費やしています。

巷で売られている投資関係のDVDが、
たった60分で5万円もする現状を考えれば、
100時間の動画講義を受けられる「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」が破壊的に安いことはわかるでしょう。

 

【投資に係るリスクおよび手数料について】 当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。 株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。 株取引には取引業者の売買手数料がかかります。

【オンライン通販 収録時間100時間 (6,000分)】

購入直後からすべての動画をダウンロードできますので、

DVDの到着をお待ち頂く必要はありません。

 

 

 

 

銀行振込・郵便振替、クレジットカード、BitCash、コンビニ決済がご使用可能です。
インターネットでのお申込みは、年中無休、24時間受け付けております。

【投資に係るリスクおよび手数料について】 当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。 株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。 株取引には取引業者の売買手数料がかかります。
今、あなたの目の前には2つの選択肢があります。

1.ひとつは、このページを閉じて、今まで通り投資を勉強するのに苦労し続けたり、また人の作ったシステムに買わされ続けること。

2.もうひとつは、今この講座試して、サクッと投資を学び、トレードシステムを自分で作れるようになり、成功をショートカットすることです。(あなたも知っている通り、リスクのない投資なんてビジネスの世界ではあり得ません。ですが、今回の私からのオファーは唯一の例外です。)

どちらを選ぶもあなた次第です。あなたが想像力豊かで、行動的な人間でであれば、この教材をぜひお試ししてください。あなたはたった一片の情報が人生を変えてしまうことを理解しているでしょう。これはきっと、あなたの探し求めていた情報です。

  忘れないでください。投資の知識は、これからも地球で生きていくのであれば、これまで以上に必要になります。これは周知の事実です。ただあなたがすべきことは、何年も苦労して学校に通ったりいやいや本を読んだりするのではなく、既に上手くいっている人の動画をマネるだけでいいんです。この100時間DVDですが、当然ですが100時間、全部やる必要はありません。ほんの何時間かやるだけでもこの教材に投資した金額などはスグにペイしてしまうでしょう。 たとえば2時間もやればテクニカル投資を覚えられます。テクニカル投資の講座は普通のスクールだと3万円はかかるのですから。


ただし、この商品が買えるのは500人限定です。

もしあなたが、最初に知らせてくれる500人に入れば、定価69,900円を、半額以下の三万円以下に値下げしてご提供します。


なぜ、500人限定なのか?

なぜなら、今回のこのページは、ラスト500セット限定のテスト販売だからです。

すでにこのDVDは、ご好評をいただいてほとんどが完売し、プレスしたDVDがそろそろ底がつきそうなのです。


なので今回、在庫をあと500セットだけ作り、あなたのような投資をしようとしている人、または資金を大きくしようとしている人が、このDVDのコンセプトを気に入ってくれて、このような教材を欲しいと思うかどうか、試してみようと思ったのです。つまり、今回はテスト用の先行販売なのです。

そもそも「FX100時間動画」は2009年までは定価69,900円で販売していたソフトです。それでも安いと、購入された方はたくさんいました。500セットを販売し終えた時点で、その値段に戻すことになります。

 そして、もしあなたが最初の500人に入れば、テスト販売価格として、通常販売予定価格の大幅に値下げして買えるようにしました。

 もしあなたから受け取った注文が、501番目以降の受付になってしまったら、メールで、通常価格の69,900円での購入手続きについて、速やかにご連絡します。

 なので、



今日、今すぐ返事をしてください。


 もし後回しにすれば、あなたはこのページや、システムトレードがあなたにもたらしてくれる現金の可能性のことも、忘れてしまうかもしれません。しかし、今あなたがリンクをクリックし、申込まれたところで、あなたが損をすることはありません。完全満足保証を思い出してください。

 唯一損をするのは、残りの500人に間に合わないことだけです。

 お金や商品もない、でも、投資をスタートしたい、大きくしたいなら、この教材は、あなたのためのものです。今度はあなたが投資のスキルでお金を稼ぐ番です!


今のところ、あなたはこのDVDとダウンロード動画など合わせて200時間分を、たった定価の半額、3万円程度の価格で購入することができます。 あなたがこの価格にどういう反応をされるのかわかりません。あなたは安いと思っているのでしょうか? それとも高いと感じているのでしょうか?

もし「今購入するお金がない」ということであれば、確実にあなたにとってこの商品は必要なものです。絶対的に、しかも緊急に購入するべきです。
そして、もし、あなたにとって価格が実際に障害となっているのであれば、この手紙を読んでいる他の誰よりも、この「華々しい未来への片道切符」を入手する必要があるでしょう。

今すぐ先着500人に参加する

 

ご質問・ご要望フォーム

 

今なら、次の特典をプレゼントします。

プレミアム・スペシャル特典

 

FXで一億円!100時間動画でシステムトレーダー養成講座の、

iPod/iPhone版動画を100時間分プレゼント!

本教材DVDに含まれている、すべての動画100時間分を、iPod/iPhone版に変換したものをプレゼントさせていただきます!

iPodをお持ちであれば、これで、外出先でも、トイレでも、お風呂でも、電車の中でも、投資の勉強ができます!

 

スペシャル特典 #1

「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」メンバー・永久会員権!


この特典が、おそらく、最強の特典でしょう!「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」メンバー、永久会員権です!
どういうことかわかりますでしょうか?この商品を買われた時点で、あなたは今後一生涯にわたり、
私が今後発売する投資関係商品を、無料で、もしくは激安価格で購入することができるのです!
私は、現役のFXおよび株式トレーダーです。
日々、精進しています。
何がいいたいのかといいますと、今後、新たな商品を開発する予定があるということです!
そしてその際、メンバーの方に限り、その新商品を無料で、もしくは激安価格でお譲りさせていただきます!
この「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」は、バージョンアップを繰り返していきます。
現在に製作が決まっているものだけでも、
FX自動売買ソフトウェア「メタトレーダー」の使い方動画マニュアルや、
「ラリー・ウィリアムズの投資手法を徹底分析する動画」、
さらに「FXに特化したテクニカル分析動画」を、このFXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座に、追加予定です!
その際も、その新商品をおそらくは「無料」で、もしくは「激安価格」にてお譲りさせていただくつもりです!
私の商品を買っていただけた方は、私の家族です!一生涯お付き合いしていきましょう!

 

スペシャル特典 #2


特典2:永久メールサポート完全対応!
・商品の使い方がわからない、
・ソフトが動かない、
・インストールができない
・メディアをなくしてしまったので、もう一度送ってほしい、
こういったサポートは、一生涯、させていただきます!
ただし、「この銘柄はあがると思いますか?」とか、「今後の日経平均の展望は?」といった質問はできるだけ控えてください。
商品に関する質問以外には、お答えできないとお考えください!

 

スペシャル特典 #3

いくつかの、完成トレードシステムをプレゼント!
ですが、このシステムで、稼ごうとは思わないでくださいね。
これは基本的なシステムであって、これを雛形、テンプレートとして、
自分なりに改良を加えていってください。

質問

問 まったくの初心者でも大丈夫ですか? 基本的な用語の解説はありますか?


はい。まったくの初心者でも大丈夫です。
基本的な用語の解説を、何時間にもわたる動画で解説しています。


問 投資資金はいくら必要ですか?


FXをはじめるなら、10万円で十分です。

 

問 システムを組むために、必要なソフトなどはありますか?
とある商品では、20万円もする高価なソフトを買わなくてはいけないといわれました。

 

エクセルだけご用意ください。
あなたのパソコンに入っている、古いエクセルで十分です。
古いエクセルで十分対応できます。2000、2002、2003あたりで十分です。
20万円するソフトを購入しても、エクセルでシステムを組んでも、
同じことが十分できます。

 

問 商品は、DVDですか? DVDプレイヤーで見れますか?

 

商品は、パソコンで見ることができる動画になります。

HDMIケーブルなどがあれば、テレビに繋げてみることができます。

 

問 私のパソコンでも動画は再生できますか?


はい。すべてのパソコンで再生できます。

 

問 ウィンドウズVISTA、マックでも再生できますか?

 

はい、VISTA、マックで再生できます。


問 私にもシステムが組めますか?プログラミングができるかどうか不安です。


はい、組めます。エクセルを使った簡単な関数で組みますので、
初心者の方でも必ずついてこれます。

 

問 エクセルの使い方すらわからないのですが…。


ご安心を。40時間分の、弊社製品、「動画でわかるエクセル・プレミアム」を標準装備しております。
基本的な使い方からはじめ、関数、マクロ、VBAまで学びます。
これを見れば、エクセルの使い方はばっちりでしょう。

 

問 完全な初心者です。システムは、どのような手順で組んでいくのですか?


まず、株式投資の初歩的なことを学んでください。
徐々にレベルを上げて、テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析を学んでください。
次に「動画でわかるエクセルプレミアム」と「動画でわかるプログラミング」を学んで、それから「システムトレード構築」に進みます。

 

問 エクセルではなくて、高価なシステムソフト(たとえばトレードステーションなど)を買う必要はないのですか?


初心者がいきなり高価なシステムを買っても、宝の持ち腐れになります。
たとえばtradestationというソフトがありますが、25万円します。
それは、相場で勝てるようになってから買えばよいでしょう。
また、tradestationを使うにしても、excelは絶対に使います。
実際、海外の投資家で、「tradestationとexcelを併用している投資家」はたくさんいます。(パンローリング「投資苑3」より)

 

問 プログラミングについて学びたいのですが


ご安心ください。「40時間にわたる、動画でわかるプログラミング・プレミアム」を標準装備しています。この動画では、C言語、java、visualbasicなど主要プログラミング言語について、授業形式で学ぶことができます。
もしあなたがエクセルでのシステムを作ることに慣れて、
新たな海外のソフトを使ってみたいと思ったときも、
この「プログラミング・プレミアム」で学んでおけば、十分に対応できます。
多くの投資ソフトの言語では、C言語を主に使っていますから。

 

問 この商品を買って、いつごろから投資を始められますか?


これだけは約束していただきたいのですが、この商品を買って、ちょっと動画を見て授業を受けただけで、
絶対に相場に向かわないでください。約束してください。
必ず動画をすべて見て、システムが自分で組めるようになった時点で、
小額のお金から、相場を始めてください。いいですか、これだけは約束をしてください。

 

問 動画では、どのようなことに触れていますか?


はじめに述べましたとおり、株式投資の基本的なことから初めて、
テクニカル分析、ファンダメンタルズについて学び、
最後にエクセル、プログラミングについて学んで、
システムを組んでいきます。

 

問 授業は、どのような講義スタイルですか?


数十時間の動画授業です。退屈な文章は一切入れておりません。
スクールに通うような感じを想像してください。

 

問 授業は、巻き戻し、早送り、一時停止はできますか?

はい、できます。

 

問 何度見ても劣化しませんか?


何度見ても、劣化しません。ビデオテープではありませんから、
常に新鮮で美しい動画を見ることができます。

 

問 動画の内容は、何年くらい有効だと思いますか?


いい質問ですね。
私は、この商品を、「100年後にも使えるものを」をモットーにして作りました。
一年くらいしか使えないような小手先のテクニックは一切入れておりませんし、私の主観による講義も一切入れていません。昔から長年受け継がれてきた、最高 のテクニック、長年の投資に耐えてきた手法、たとえば移動平均線や、ローソク足、MACDなどの、基本的なテクニックを、動画とチャートによって、愚直に 教えています。
ですから、いきなり使えなくなるということはありません。
たとえば、「ローソク足」が生まれたのは今から何百年も前ですが、いまだに使われていますよね?この商品では、小手先のテクニックは省き、
ローソク足や移動平均線、ダウ理論のような、永遠に使えるようなテクニックを残さず網羅しています。
ですので、今後、未来永劫、価値を持ち続ける商品であると自負しています。

 

問 どんな動画ですか?本よりも優れている点はどこですか?


弊社では「動画でわかるシリーズ」としまして、主にソフトウェアの使い方を販売してきました。非常に好評を受けています。
特に、株式投資の本では、「A点がブレイクした跡にB点が…」など、
どこがA点でどこがB点なのかわからないことが多々あります。
さらに、「図14をご覧ください」といわれ、図14が2ページ先ということもよくあります。
動画の場合こういったことはありません。
目の前にチャートがあり、色つきのマウスでクリックをしながら、声で解説していきますので、目の前でプロの投資家に教えてもらっているような感じを思い浮かべていただければ結構です。

 

問 高くないですか?

 

学習に金を惜しむものは、無知を試してみるといい。 -ロバート・キヨサキ

 

問 すべての授業を見終わって相場に臨むまでに、どの程度の時間がかかりますか?


あなたの自由になる時間にもよりますが、平均して三ヶ月もあれば
すべての授業を受け終え、システムを組んで、相場に望めるようになるのではないでしょうか。しかし、いきなり多額のお金を持ち出すのは絶対に、絶対にやめてください。
余裕資金の1/10を薦めます。

 

問 三ヶ月の授業期間は長いです。…いますぐに投資をはじめたいのですが


悪いことは言わないので、私の言うとおり、授業をすべて受けてからにしてください。
はっきりいって、三ヶ月でも少ないくらいです。
専業トレーダーは、非常に難しい職業です。
弁護士になるためには、司法試験の勉強を何年もしてようやくなれます。
医者になるには、大学に通って何年ものインターン期間を経ます。
パイロットになるためには、何年も航空大学に通います。
ところがトレーディングとなると、何の勉強もせずにいきなりはじめる人がたくさんいます。
いまからいきなり、メスを持ってガンの手術ができますか?
今からいきなり、何百人もの命を背負って、飛行機を操縦できますか?
あなたのクランケは絶対に死にますし、飛行機は絶対に墜落します。
最低でも三ヶ月。
ですが私は、本当は一年間はポジションを持たず(持っても最小限のポジションで)
みっちり投資に関して勉強することをお勧めします。

 

問 私は勉強などしたくありません!
てっとりばやく儲けたいのです!来年の今頃には、100万円を一億円にしたいのです!


てっとりばやく、絶対に儲けるシステムを組んで、それを売ってください。
それなら、ほかをあたったほうがいいと思います。
「一年で年率300%のシステムを販売します!」
「勝率99%の最強システム!一年で1万倍!」
そういった商品はたくさんありますので、その中から選べばいいと思います。
一年後、100万円を一億円にできたかどうか、ぜひ私に報告してください。

 

追伸


まずはじめに言っておきたいことは、「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」は「魔法の杖」ではありません。
つまり、これを買ったからといって、だれしもが10万円を一億円にすることはできないし、
努力をしなければシステムを組むこともできない、ということです。
かなりわかりやすく系統立てて作りましたので、きちんと動画に取り組めば、
まったくの初心者からでも上級システムトレーダーになることはできます。
しかし、努力をせずに、きちんと動画を見ない、もしくは授業に従わないなど怠けられると、実力は身につきません。
また、何度も繰り返し言っていますが、動画をちょっと見ただけで相場をわかったような気持ちになって、
いきなり多額の資金で相場に参加する、そういった行為だけは絶対にやめてください。私は一切責任を持ちません。
相場に参加するのは、動画をすべて見終わって、システムをきちんと組めるようになってから。それからにしてください。
私は最高の講義を用意しましたが、投資で儲かるか、儲からないかは、結局、100%完全に、「あなた」の力量です。
ですから、「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」でご紹介するノウハウを使って1億円稼ぐ人もいれば、稼げない人もでてきます。
それは、「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」の動画内容が役に立たないからではありません。
もし「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」を否定するなら、あなたは数々のテクニカル手法を否定するのと同じことになります。

 

追伸2


私自身、ただのニートでした。就職に失敗し、彼女にもフラれ、絶望を感じていました。
また、対人関係が苦手なので、バイトもできないし、起業することもできなかった。
もしあのとき、投資とネットビジネスに出会わなければ、私は自殺していたかもしれません。
あのころは、不安と、不満と、怒りの塊でした。私は、引きこもりの経験もあります。負け組の方の気持ちは痛いほどわかります。
私は、一人でも多くの、「昔の私」を救いたい。
「昔の私」…貯金もなく、就職もできず、親のすねをかじり、将来に対する不安を抱え、酒びたりで、家にひきこもっている状態…。
もしあなたがこれに似たような状態であれば、10万円程度のわずかな投資資金をためて、「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」を買ってください。
「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」は、深い意味で言えば、投資を教える道具ではありません。
「FXで1憶円!100時間動画教室でシステムトレーダー養成講座」は、これからの格差社会を生きる術、下流サバイバルの道具、あなたの人生を大きく変える、武器です。
このままの状態を放置しておけば、政府から殺されます。
私は、政治には失望していますし、投資かネットビジネスしか、もはや非正規雇用者を救うことはできないと思っています。
あなたがこの商品を買っても買わなくても、言葉に表現できない「何か」は得られたと思います。
それなら私の目的は果たせたと思います。私は、一人でも多くの負け組ニート・フリーターを救いたいのです。
ありがとうございました。

 

 

【投資に係るリスクおよび手数料について】 当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。 株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。 株取引には取引業者の売買手数料がかかります。

購入直後からすべての動画をダウンロードできますので、

DVDの到着をお待ち頂く必要はありません。

銀行振込・郵便振替、クレジットカード、BitCash、コンビニ決済がご使用可能です。
インターネットでのお申込みは、年中無休、24時間受け付けております。

 

最後に

もしあなたがこの商品を購入して投資力を身につけ、
第二のカリスマトレーダーになって1億円儲けたら、、この教材の価格はいくらになりますか?私なら、100万円出してでも買いたいと思います。
それも、今すぐに。

もしあなたがこの教材で語られる「投資力」を活用することでトレーディングで富を引き付け成功して 「完全な自由」を手に入れることができるとしたら、すぐにでも実現させたいとは思いませんか?

もしあなたが投資を成功させてヒルズ族になれるとしたら、すぐになりたいと思いませんか?

なぜ、そのようなメリットを手に入れるのに、ダラダラと待つ必要があるのでしょうか?
なぜ、あなたの求めるものを手に入れる機会が目の前にあるのに、長々と待つのでしょうか?

"今すぐ、行動してください!"

こうやって行動せずに、時間を過ごしてしまっていることで、あなたの「完全な自由」の実現が遠のいてしまうのに加えて、 今すぐ行動していれば、生み出せたはずの大金を、あなたは失っていることと同じことなのです。

今行動して、今後5年で1億円の富を手に入れることができるとします。
もし、あなたが5年後に、やっと初めて行動したとしたら、どうなりますか?

得られたはずの、もっと早く手に入れることができたはずの1億円や10億円を失っているということなのです!!

私は、今すぐ行動されることをオススメします。
なぜなら、そうすることで、あなたの目標や、夢の実現が、もっともっと早まることになるのですから。

いま行動してください!

あなたの為に言います。 今このサイトに気が向いているうちに返事をしてください。明日になればまた忙しい毎日が始まり「FX100時間動画」のことなど忘れてしまうでしょう。そして、 30 日後は、 30 日分だけ時間が過ぎただけで、今日と何も変わっていない日々が送られるでしょう。しかし、この教材を手にして投資に強くなれば、 30 日後にはあなたのビジネス・就職・独立・収入は劇的によい方向へ向かうことでしょう。



PS:
あなたがラストの500人に入ったなら、更に追加ボーナスとして、「全動画のiPod/iPhone/iPad版」など豪華特典をお付けします。

PPS:
何度も言いますが、これは500人の、人数限定オファーです。もしあなたから受け取った注文が、501番目以降になってしまったら、メールか電話で、通常価格69,900円での購入手続きについて、速やかにご連絡します。



PPPPPS:
もしあなたが何かの技術を身につける時、とても重要な事があります。それは、その分野のトップの人間から習うことです。スキーを習うのに友達の上手いやつから習うよりも、トップのプロから習った方が確実にすばやく上達します。

 

 

【投資に係るリスクおよび手数料について】 当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。 株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。 株取引には取引業者の売買手数料がかかります。

 

 

 

氏名 ※
姓: 名:
E-Mail ※